おばけなんてないさ おばけなんてないさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
誰もが歌ったことのある童謡「オバケなんてないさ」が、せなけいこのユーモアあふれる貼り絵で楽しい絵本になりました。

かようびのよる」 みんなの声

かようびのよる 作・絵:デヴィッド・ウィーズナー
訳:当麻 ゆか
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784198611910
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,527
みんなの声 総数 100
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

100件見つかりました

  • ぜひ、『かようびのよる』に!!

    『この出来事は、ある火曜日に・・・』そでの部分に書かれた一文。期待感が高まります。本文は、文章が少なくて、絵でみせる感じです。文章が少ない分、読み聞かせとしては、やりづらい印象ですが、より不思議で奇妙な感じが伝わります。

    読んだのが、たまたま火曜日の夜だったので、「あっ!今日は、火曜だ。『かようびのよる』だ!!」と娘に言ったところ、「ちょっと、おそと みてもいい??」と窓から外を覗いてました(笑)
    「なんにもないよ〜」と不満そうだったので、「アメリカのことって書いてあるからねぇ〜」とまとめました(笑)

    でも・・・。もし本当に この光景が広がってたら・・・。娘は喜ぶでしょうが、私は腰を抜かすと思います(笑)

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 火曜日の事件

    誰かのかけた魔法??
    ある火曜日、かえるが空に浮かび、町中を飛びまわります。
    翌週の火曜日、今度はかえるとは違う何かが浮かびます。
    それは最後のページのお楽しみ。
    なんでこんなことが起きたのか、考えてみるのも面白いし、
    こんな事件に遭遇したら・・・!なんて想像しても楽しい。
    リアルな絵が想像力を引き立てます。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な絵本

    タイトルからはまったく予想できませんでした。
    文章なし。ひたすら真顔のカエル達。
    火曜日の夜にしでかしてくれました。
    翌朝は警察も出て大騒ぎ…って、よく出来ていて
    笑えます。

    掲載日:2011/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵に引き込まれます

    文字は少ないのですが、美しい絵に引き込まれます。
    読み聞かせるというよりは、子供達が絵を眺めそれぞれが
    想像して楽しむ感じです。
    4歳の娘は1ページづつ
    じーっと眺めては、
    静かにページをめくる。
    静かな時間がとても心地よい本です。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵だけの本

    「このできごとは ある火曜日に アメリカの とあるまちで じっさいに おこったことです」 と書かれていて興味を持ちました。
    絵のない絵本だったのですが、読み終わるまで、見所満載で時間かかりました。
    感想は・・・
    本当だったら・・・ ちょっと怖い。。。 でも、見てみたい!
    カエルの表情豊かなこと!
    不思議な世界を体感してください!

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとうにありそう!

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子1歳

    リアルな絵で引きこまれてしまいます!
    火曜日の夜には何かが起こる・・・本当にそんなに気にさせられる絵本。
    そっとカーテンを開けて覗いてみたくなっちゃう。
    カエルたちの、飛んでいるときの気持よさそうな表情、
    地面に降り立ったときの「もっと飛びたかったのに」と聞こえてきそうな不満げな表情、
    人間味あふれる描写で、思わず笑ってしまいました。
    字がないのに、ちっとも退屈しません。
    5歳の長男も「見て見て、カエル飛んでるで〜」と興奮していました。

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かようびのよる 夜 8時ごろ 
    何かしら?  そんなワクワク感を誘う絵本です。なんと 大きなカエルが すいせんの葉のうえにいる大きな目のカエルが 飛んでいくのです これだけでもSFの世界だと思えたのですが・・・
    11時21分  男の人が ミルクを飲みながら パンを食べている目は カエルの方へなにかお話をしているカエルたちが 家の中でテレビのリモコンを 長い舌で操作している
    あっ! 犬が 危ない!  でもカエルたちは 池にもどっていったのです水の中に飛び込むカエルの気持ちそうなこと
    そして なんと 警察が たくさんの睡蓮の葉をみて 何か事件を捜索しているんです  この場面が ドラマ性があり おもしろい
    そして つぎの かようび、 よる7時58分・・・・
    何が起こるかは 絵本を読んでのお楽しみにしましょう!
    アニメーション化したら お話がおもしろい展開に発展するように思えました。
    今日は 火曜日 どんな事件が起こるやら???
    絵が とってもドラマ性があるおもしろさでした。
    皆さんも味わって見てくださいね

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しめる

    文字が少ないので、

    ママとパパの想像力のみせどころかも。

    いろいろな、セリフをのせて、楽しみんでください。

    そんな、想像をかき立てる、素敵な本です。

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • うわー

    話ないやん!
    これが子供の感想
    でも何故か、何度も何度も読み返してます
    始めに、この本に書かれている事は、とある町のとあるすじから、
    本当にあったことであると書かれていますと話すと、不思議さが増します
    えー かえるやん。 マンホールになってるー
    うわー
    沢山たくさん、想像をふくらませてくれました
    なが〜いお話もいいですが、絵を見て、色々想像するのも楽しいですよね
    お子さんにも是非!どんな顔するのかな?

    掲載日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不気味

    なんとも不気味な絵本です。蛙の集団に襲われそうな気がします。でも蛙たちは、蓮の絨緞に乗って空を飛んでいるのがとても楽しそうに、とても自慢そうに感じました。悪戯っ子のように、洗濯物を奪って(?)洗濯物をマントにして、居眠り中のおばあさんのテレビのリモコンを操作してテレビを観ています。なんのテレビを観ているのか気になりました。文字は、何時頃の出来事なのかとてもリアルに感じました。不気味な絵が所狭しといっぱいです。冒険から自分の居場所に帰る蛙もちょっとほっとしている気がしました。とても不可解な出来事に頭を抱える人間の顔がとても真剣に思いました。もうそれで終わりなのかと思ったら、今度は「ええっ!」豚の軍団なのですよ・・・・なんだか空に浮かんでいるのが優越感にしたっているように感じたのは私だけでしょうか?不気味ですが、空を飛べるのはやっぱり羨ましい気がしました。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

100件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット