ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

紙芝居 ねこのおかあさん」 みんなの声

紙芝居 ねこのおかあさん 脚本・絵:渡辺 享子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1997年03月
ISBN:9784494087518
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「紙芝居 ねこのおかあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の命に代えても!

    ねこのかあさんが、自分の命に代えても絶対に5匹のこねこを助けたのにはやはり感動します。やっぱり母親というのは強いなあって感動しました。燃え盛る炎の中にも我が子が可愛くて助けたい一心だったと思いますが、母猫も助かってよかったと思いました。紙芝居の注意描きに気をつけて読みました。読む方にもドキドキ感が伝わってきて感動しました。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • すこし重い紙芝居

    夏休みの学童さんなので、いつもの面白い紙芝居ではなく少し考えるような紙芝居をとこれを選びました。母猫が火事現場から一匹ずつ子猫を救い出す本当にあったお話でとても迫力がありました。とくに最後ぼろぼろになりながらさいごの子猫を救い出す絵は迫力あり、母としての威厳まで感じました。ただ最初のこどもたちの絵が少し時代をかんじさせますそこが残念です

    掲載日:2012/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット