ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

講談社青い鳥文庫ムーミン谷の彗星」 みんなの声

講談社青い鳥文庫ムーミン谷の彗星 作・絵:トーベ・ヤンソン
訳:下村隆一
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:1981年02月
ISBN:9784061470453
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「講談社青い鳥文庫ムーミン谷の彗星」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんなによい本だったんですね!!

    ムーミンというキャラクターは、ずっと知っていたのですが、
    実はまったく興味がなかったんです。
    でも、最近気になり始めて、娘にムーミンの絵本を読む
    ようになってから、この児童書を読み始めました。
    おもしろい!!
    なんだかゆったりと時が流れていく感じで、世界観がとても
    気に入りました。
    まだ1冊しか読んでいないのですが、このシリーズを読破
    したいなと思いました!!

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳の息子には「絵本・ムーミン谷から」シリーズの「ムーミン谷のすい星」がちょうどよかったですが、やはり私は原作の「ムーミン谷の彗星」が大好きです。

    挿絵もテレビでみるムーミンと少し違ったレトロな雰囲気にあふれていて味があり、物語の内容もユニークです。
    ひからびた海を長い竹馬にのって歩いて行く様子などは異常事態の中にもユーモアが感じられて楽しい冒険でもしているようです。

    ムーミンがまだスナフキンやスノークのおじょうさん(フローレンのこと)と知り合う前のお話だということも注目したいところです。

    掲載日:2012/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット