ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

講談社青い鳥文庫 ムーミン谷の仲間たち」 みんなの声

講談社青い鳥文庫 ムーミン谷の仲間たち 作・絵:トーベ・ヤンソン
訳:山室 静
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\620+税
発行日:1983年05月
ISBN:9784061470491
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「講談社青い鳥文庫 ムーミン谷の仲間たち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一つ一つのお話がずっしりとしています

    キャラクターとして、有名なムーミンですが、
    他にも、個性豊かなキャラクターがたくさんいます。
    その脇役をメインに書いた短編集です。

    最初のお話は、スナフキンです。
    スナフキンは、いつも旅をしています、
    そして、春になると冬眠から覚めたムーミントロールに会いに行きます。
    その途中に、スナフキンは歌を思いつきそうだったのですが、
    それを”はい虫”に邪魔されてしまいます。
    気分を害してしまったスナフキンは思います。

    「−もしぼくが、旅のことを人に話したら ー 旅がほんとうにどうだったか思い出すとき、
        ただ自分のした話を思い出すだけじゃないか。」

    そうそう、そういうことってあるよね。

    この本には、そういう共感する部分がたくさんあって、大人が読んでもおもしろいです。

    ほかにも、「この世のおわりにおびえるフィリフヨンカ」も考えさせられます。
    一癖も、ふたくせもある住人たち。

    確かに変わってるけど、そこが人間味あふれる感じです(人間ではないけど)

    ムーミンのほかのシリーズに、何気なく出ているキャラクターたちのことを、
    深く知ることができる本です。

    子どもは、読書感想文を書くときに、読みました。
    共感できる部分も多く感想が書きやすかったようです。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ロバのシルベスターとまほうの小石 / にぐるま ひいて

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット