しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ポロとまほうのふえ」 みんなの声

ポロとまほうのふえ 作・絵:レジス・ファレル
訳:山脇 恭
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年12月
ISBN:9784893250452
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,556
みんなの声 総数 3
「ポロとまほうのふえ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ポロの冒険

    ポロが船で冒険していて、シャチをつっちゃったりしたところがとっても気に入ってました。「うわ〜」ってな感じで。ポロが帰り道、バス停でバスを待っていると、なんと・・・かたつむりのバスがやってきました!!「明日幼稚園はこのバスで行く!」って言ってました。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • じゅうたんにのりたいです

    娘が「読みたい」と言って図書館から借りてきました。
    この手の大きさ、雰囲気がどうも好きみたいです(その
    わりに借りてきた後はあまり読まないのだけれど。笑)。

    私もじゅうたんに乗って旅がしてみたいなあ。

    ポロが飛んでいったところはアジアなのかな?
    いかにもヨーロッパの人が思い描きそうな不思議な
    雰囲気ですよね。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で考える楽しさ

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    はじめてこのシリーズを読んだのは「ポロとリリ」でした。

    こまわりがしてあって漫画みたいに読みすすめていくこの絵本は
    お話しが、ちょこっとだけ。

    あとは絵をみて自分で空白を想像できる、思い描ける、楽しさがあります。

    まほうのふえは、仙人のようなおじいさんに出会うポロ。
    笛をふくと魔法のじゅうたんにのれるのです。

    仙人?のうちを見せてもらったお返しにポロの自宅も案内したり?
    空白の間がとってもステキな効果です。

    こども達はこの絵本を見ると必ず絵本を作りたくなるようで
    オリガミを数枚束ねてホチキス留めして白いほうに描きだします。

    掲載日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット