たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

しんくんとへんてこライオン」 みんなの声

しんくんとへんてこライオン 作・絵:長 新太
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,260+税
発行日:1995年11月
ISBN:9784097274018
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,437
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 想像力を試された

    ライオンから、ユニークな想像遊びをしているような絵本です。
    常識に縛られていると面白味が出てこないかもしれないけれど、凝った頭を自由解放してあげると、何だか楽しくなってきました。
    自分のへんてこ度を鍛えたいと感じました。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い変身

    大好きなシリーズです。
    登場人物のしんくんは、作者なのかも、と思いました。
    子供のころ、どうしてこれがこうなるのといった不思議な夢をよく見たものです。そんな夢の世界のお話のようです。
    一番子供が喜んだのは、カタツムリに変身した場面。普通じゃ考えもつかないですよね。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんてこすぎ

    • 苺ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    「へんてこすぎー」

    と5歳の娘と笑って読みました。

    楽しくて楽しくてこんな絵本を読むと
    幸せになれます。

    ライオンがかたつむりになったり
    百獣の王のイメージからはかけ離れていますが
    こんなライオンがいたら

    おもしろい。

    この本の大型絵本があれば良いのにと思います。

    幼稚園などに置いたら子どもたちの
    人気の絵本になること
    間違いない。

    「へんてこなライオンのお話しです。」

    掲載日:2010/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんてこだけど大好き!

    本当にへんてこなお話です。
    でも娘はなぜか好き。
    このへんてこライオンシリーズは何冊か読みましたが、今までで一番娘が気に入りました。

    特に、へんてこライオンがお月様に変身してしまうところが大好き。
    しんくんが「しっぽがでてるよー。」と突っ込む場面は大爆笑です^^

    この絵本は本当に想像しても先が読めなくて、突拍子もないものに変身してしまうのが面白いですよ!

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくわかりませーん!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    しんくんが、てくてく歩いていると、ライオンに会いました。
    そうしたら…

    いやもう、こんな変なライオン、いくつもいくつもよく考えられるものだと、あきれてしまいました。
    でも、どのライオンも、なんだか本当にいそうで、憎めなくて、あとはおかしくなってしまいました。
    ライオンが、頭に水をかけています。でも、その格好といったら、ちょっと考えられないし、その後、どうなるか、想像もつかないことになってしまいます。
    そんなへんてこライオンが、次から次に出てきます。とぼけた表情のライオンたちの登場、楽しんでください。

    掲載日:2009/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんてこです

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    確かにへんてこなライオンのお話です。
    短編でたくさん話が詰まっているから
    何倍も楽しめました。
    必ず「へんてこなライオンのお話です」とオチがあるので
    子供達も笑っていました。
    カメレオンなど色が変わるものはわかるけど
    このライオンのように形まで変化する動物も
    いたら面白いでしょうね。
    尻尾つきのお月様も見てみたいです。

    掲載日:2008/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力強い絵、鮮やかな色づかい、大きな絵で読み聞かせにぴったりです。

    ・・・へんてこならいおんのおはなしです。

    次は?次は?と、続きが気になります。

    ・・・へんてこならいおんのおはなしです。

    らいおんが、お花になったり、○○になったり、△△になったり。

    ・・・へんてこならいおんのおはなしです。

    低学年に読み聞かせ。ニンマリ笑顔。もりあがりました。

    ・・・へんてこならいおんのおはなしです。

    掲載日:2008/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予想しながら読んでみよう

    長新太さんの、へんてこライオンシリーズです。
    しんくんがテクテクと歩いていると、へんてこなライオンに出会います。
    へんてこなライオンは、いろんなモノに変身して、
    しんくんを毎回ビックリさせてくれます。

    このシリーズは何冊か読みましたが、今度はどんなものに
    変身してくれるのか?と期待してまたまたこのシリーズを読んでみました。
    ライオンはなんの脈絡もないモノに変身してしまうのですが、
    なぜか毎回、どんなモノに変身してもしっぽだけは残っているんですよね。
    息子は、「またしっぽがあるよ!」なんて笑いながら読んでいました。

    このシリーズの絵本の良いところは、展開の予想が全く不能のところだと思います。
    変身途中のライオンの絵を見て、ページをめくる前に
    息子と2人で何に変身するのか予想しながら読みました。
    長新太さんの突拍子のない発想(変身)に、
    なかなか当てられないのがまた良かったりします。
    子供の想像力、発想力が身に付きそうな、そんな絵本です。

    掲載日:2007/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は大喜び!

    しんくんが歩いているとへんてこライオンがいて、いろいろなものに変身する話ですが、次に何になるか子供は興味津々の様子でした。大人は「何じゃこりゃ。。。」という反応でしょうが、子供は素直に純粋にへんてこな世界に入っています。その様子を見るだけでもかわいいな〜と思ってしまいます。それはこの絵のおかげでしょうね、きっと。

    掲載日:2006/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • とぼけたライオン

    • ポン子さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子2歳

    ライオン好きの娘のために買った絵本ですが、ホントにへんてこなライオンです。
    花になったり、お月さんになったり、しかもちょっと間が抜けているし。

    この妙な世界観だけではなく、私もとりこになってしまいました。
    続編も購入決定です。

    掲載日:2006/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット