十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

天使のえんぴつ」 みんなの声

天使のえんぴつ 作:クエンティン・ブレーク
訳:柳瀬尚紀
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784566008892
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 脈絡に乏しいお話のように見えるのですが、何よりも空中に絵が描ける鉛筆という発想が素晴らしいと思います。
    そして、空中に絵を描くという夢は別の形で現実化されていることに、思いをはせました。
    レーザーであったり、スモーク画であったり、空想がどんどん具体化される時代になってきました。
    そんな意味でこの絵本を見直すと、面白いと思います。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法の鉛筆

    このお話は二人の天使が、名もない画家に不思議な鉛筆をあげました。それは、絵を描くとその絵が動き出すという鉛筆!!その画家はその鉛筆のおかげでとっても有名になりました。うちの子はこのお話を聞いて、「僕もこの鉛筆天使からもらいたいな〜!!」って言って羨ましがっていました。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空中に描かれる絵の楽しいこと

     ロアルド・ダールさんの作品でよく絵を担当されているブレイクさんの絵本です。
     扉絵の次ページのブレイクさんのコメントに、素敵だなと思いました。

     絵本の楽しさ満載です。
     何でもできてしまう絵本の世界。
     だから、こどもたちは絵本に夢中になるんでしょうね。
     
     クルッピーとウカレッピーの二人の天使の明るくにぎやかなこと。
     喧嘩のやりとりも可笑しい。
     二人の好きなことの一つが絵を描くこと。

     画材がゴミ箱から調達するあたりもなんか面白い。
     絵が好きな子は、どんな紙にでもどんなペンでも時間を忘れて描くんでしょうね。
     ムクムクと湧いてくるイマジネーションの世界で楽しんでいるのが伝わってきます。
     
     コンクール出場をあきらめかけている路上画家のシド・バンキンさんに、二人が不思議なえんぴつプレゼント。
     ここから、グーッと惹き付けられます。
     空中に描かれる絵の楽しいこと。
     時計台の上、高層ビルの上、老舗デパートの上、境界の尖塔の周りを旋回する様子も面白かった。
     
     9歳当時、『チョコレート工場の秘密』・『こわいい動物』・『へそまがり昔ばなし』等ロアルド・ダールさんの作品を読みあさっていた息子は、ブレイクさんの絵に馴染みがあり、この絵本にもすぐ気づきました。
     「僕、この人の絵が何かわかんないけど好きなんだよ。笑っちゃうんだよ」って読んでいました。
     
     エンディングが、読者にお話しの続きの想像をを任せるあたりお洒落だなと思います。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいえんぴつ

    おもしろかったのは、てんしの名まえクルッピーとウカレッピーです。

    てんしのえんぴつは、すごいです。

    どうろで、えをかいている人が、そのえんぴつで、えをかいたら、えがうかびあがったのがすごいなとおもいました。

    掲載日:2009/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読後感がさわやか

    クェンティン・ブレイクのまだ読んでいない作品ということで興味を持ちました。

    読み始めて、最近読んだ「あたらしいともだち」と似通ったところを感じました。

    差別がある点と「あたらしいともだち」が、廃材でアートを生み出すとしたら、こちらの作品はえんぴつで描き出すアートというところ、幸せな結末という点です。

    クルッビーとウカレッピーは女の子ですが、天使です。天使といっても、姿は今時であるのが、現代の絵本らしいと思いました。

    クェンティン・ブレイクの作品には、どれも軽やかさを感じるのですが、この作品も軽快な調子を感じました。読後感がさわやかです。

    掲載日:2009/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲しいな!天使のえんぴつ!!

    天使のえんぴつ。とっても気になりますね!
    このえんぴつ、自由で大胆で、
    そしてとっても夢があるえんぴつなんです。
    え??こんなところにまでえが描けちゃうの?と
    「まさか〜」って突っ込みたくなるけど
    こんな素敵なえんぴつ、欲しいな〜。
    このえんぴつがあったらこんな絵を、あんな絵を。
    って子どもたちはいろんなことを思い描くでしょう。
    夢いっぱい詰まった、楽しい絵本で
    なんだか癒されるお話しでした。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット