ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おもしろとうさん」 みんなの声

おもしろとうさん 作・絵:さとう わきこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784577016008
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,268
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • もしかして、同じ父さん?

    お父さんの魅力が感じられる絵本でした。娘にと思って選んだのですが私の方が気に入ってしまいました。さとうわきこさんの他の絵本で”おりょうりとうさん”という作品があって、そのお父さんととてもよく似ているのでもしかして同一人物?と嬉しい疑問を抱いてしまいました。どんどんその気になっていくお父さんがとても魅力的でした。こんなお父さんをもった主人公はとても幸せそうでお父さんとの時間を心から喜んでいる気がしました。お父さんと遊びたくなる素敵な絵本でした。

    掲載日:2008/05/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • やる気を出したおとうさんはすごい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    こどもが公園で遊ぼうと言っても最初は乗り気ではなかったお父さん。
    公園で遊ぶうちにだんだん子供のころを思い出し…。
    やる気を出したおとうさんはすごいですねー。
    噴水に飛び込んだり、困りものなおとうさん。本当の子どもよりも子どもらしい!?でも子どもはこんなおとうさん好きだろうなー。

    掲載日:2015/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父さんだって子どもの時があったんだ

    この絵本の父さんは最初しぶしぶ子どもの付き添いで公園遊びに行くのですが、木登りをした時に「やんちゃ坊主」のスイッチが入ります。
    噴水に入り水をジャバジャバはねあげ、子どもや周囲の大人が驚くほどのやんちゃ振り。
    6歳の娘は楽しそう、面白いパパだねと、羨ましそう。こんなパパめったにいないもんね。
    最後は突然面白くなる父親が大好きさという子どもの気持ちが書かれていて、どうせ休日に一緒に過ごすなら楽しまなくちゃ損だ、という気持ちにさせられます。

    パパからの読み聞かせをおススメします。

    掲載日:2013/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパとおんなじ

    3〜5歳児に読みました
    「おもしろ」とつくだけで、子どもたちがウフフフと笑います
    自分のお父さんを思い出しているのかな・・・
    寝ている父さんの姿をみると「うちのパパとおんなじ!」という声も!!
    でも絵本の中のとうさんは少しづつ、変わっていきます
    父さんの叫び声をターザン風にやってみたら、子どもたちに大ウケでした
    父の日に向けてこれからの季節にお勧めです

    掲載日:2013/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生に読んでみました

    • 図書うさぎさん
    • 40代
    • ママ
    • 香川県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    今年度初の1年生の読み聞かせで「給食番長」とセットで読んでみました。最初は公園に誘われ、イヤイヤなとうさんが「木登り」をきっかけに子どもにかえっていく姿がおもしろかったです。
    噴水でジャバジャバしている姿に、意外と子どもは冷静で「迷惑なことしたらダメ」と言われてしまいました。

    掲載日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子はおもしろいらしい

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子4歳

    「おりょうりとうさん」が面白かったので、期待して読みましたが、個人的にはこれはあまり面白いと感じませんでした。
    お父さんが急に遊びスイッチが入って、童心に返っちゃうわけですが・・・そのスイッチが一体何だったのか?本当に急に人が変わっちゃうので、展開についていけないんです。
    が、息子たちは気に入ってます。これは男の子と父親にしか分からない世界なのかもしれません(笑)

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがおとうさん!

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。最初は乗り気でなかったおとうさんですが、だんだんエンジンがかかって子供と本気になって遊んでくれる様子を描いた絵本です。休みにはゆっくり休みたいと、子供の要求にも生返事で始まりますが、なんとか外に連れ出し、だんだんおとうさんも一緒に遊んでやるうちにエンジンがかかり、どちらが子供かわからないくらい本気で遊んでやります。その表情は生き生きしてもとてもいいものです。こんな風に遊んでくれるといいなーという子供の願望をくすぐってしまうかも!息子もパパとこんな風に遊びたいと思ったみたいで、さっそくパパに飛び込んでいきましたよ。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんだって遊べば楽しい!

    だらだらしたいおとうさん。

    でも、その気になったらどんどんノリノリで、お父さんて大きい子供なの??っていうくらいにるんるん気分なのが顔に表れています。

    悪くない絵本です。

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いきいきとうさん

    いきいきとうさんになったら、もう腕白坊主になってしまいます。だって腕白坊主は、おとうさんの方が大先輩ですからね!
    子供の頃に戻ったとうさんってやっぱり最高だと思いました。だぜん、張り切っている頑張りやのとうさんは、元気パワーが全開で、やっぱり自慢できます。子供と一緒に遊ぶとうさんになってほしいと思いました。きっと、日頃のストレスからも開放できると思いました。さとうわきこさんのいきいきとうさんは、やっぱり最高です!

    掲載日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 童心を忘れない

    男と言うやつは単純で、いつだって子供の心を持ち合わせているのさー、

    この本を読み終えた世のお父さんが、しんみりと語りそうな一冊。

    毎日仕事に追われ、たまの休日くらいゴロゴロしてたいお父さん。
    でも、こどもに誘われた遊びに、我を忘れるくらいのめりこんでしまいます。
    こうすることも、ストレス解消になるのでは?

    なんだか、さとうわきこさんの絵も手伝って
    ほのぼのさせてくれますよ。

    掲載日:2009/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / 給食番長 / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット