ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

みつばちみつひめ てんやわんやおてつだいの巻」 みんなの声

みつばちみつひめ てんやわんやおてつだいの巻 作・絵:秋山 あゆ子
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784893094391
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,128
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お手伝いさせてあげて!!

    みつばちみつひめは、お姫様なのに、かなりの行動派!!
    お手伝いをしたくて、城の中を飛び回ります。
    でも、みんなお手伝いをさせてくれなくて、こっそり、外へと
    飛び出します。
    そこでは、たくさんのお手伝いをさせてくれて・・・。
    嬉しそうにお手伝いをする様子が、ほんとにかわいらしいです♪
    この絵本、娘も私も大好きな1冊です!!

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • たいくつしたおひめさま

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    「くものすおやぶん」のお仲間かなーと思い、読んでみました。
    お城暮らしに退屈したみつひめさまが町へ。城ではお手伝いしたいと言ってもだめだったのが、ひめの身分を知らない町の人たちはお手伝いをさせてくれて、みつひめさま とても楽しそうです。
    うちのこたちも現在のところはお手伝いを楽しんでやっています。

    掲載日:2015/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘たち大喜び

    6歳4歳の娘たちに借りました。娘たちは2人ともお姫様が大好き。今まで読んだものは外国のお姫様が主人公のものでしたが、今回は和のお姫様に挑戦。こっちのお姫様もとても気に入ったようです。まず、「・・・でございます」という家臣や、「・・・じゃ」なんていうお姫様の言葉が楽しかったようです。

    昆虫が得意じゃない娘たちも絵本の中の登場人物にはすんなり溶け込めていたようです。決してそんなに可愛いとは言えないような気がするんですが、憎めないお姫様に「可愛いー。」と言って笑っていました。何度も読まされました(笑)

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気なお姫様

    元気いっぱいのお姫様ですね。
    かふんだんごや六角形のお城など、あちらこちらにミツバチらしいエピソードが盛り込まれていて、とても面白かったです。
    最初と終わりで変化した、みつばちのうたの歌詞もピッタリですね。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が真似してます

    はちのす城のみつばちのみつひめさまは
    何不自由ない暮らしに退屈。
    そんな春の季節、家臣たちが楽しそうに働く声を聞いた
    みつひめは部屋から飛び出して…?!

    くものすおやぶんが面白かったので、
    期待して開いたところ親子で大ハマりです。
    全体的に明るい色調で、同じ時代ものでも
    くものす親分と違って可愛らしい雰囲気です。
    マルハナバチの団子屋から、ハキリバチの袋物屋など
    細かく描かれた独特でユニークな虫たちの世界もさながら、
    それぞれの蜂たちの特徴を捉えてしっかりと
    描き分けられているところも秀逸。
    この本を読んだ後、虫の図鑑を開いて蜂を調べてみましたが、
    「そうそう、この蜂が団子屋にいた!」
    と親子で納得してしまいました。

    大人と同じことをしたいのに、させてもらえないみつ姫の姿は、
    何でもやりたがり屋の息子に重なるよう。
    この本を読んでからは、かいまきを自ら着(お召し物だそうです)、
    「みつひめになる」と言いはたきを持って家中歩き回っています。
    しばらくみつひめごっこに付き合うことになりそうです。

    掲載日:2013/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 探してたのじゃ〜♪

    少し前に読んだ、和・お姫様口調の絵本、娘がすごく気に入ってたので、和・お姫様口調の絵本を探していました。
    見つけました!見つけました!コレ、コレ☆
    なんでしょうね〜。この喋り方って、おんなのこのハートを掴みますよね〜。楽しい♪

    退屈なお姫様の日常を飛び出して、初めて目にした世界は、みつばちひめには、珍しいものだらけ。
    みつばちひめの暴走っぷりと、周囲のてんやわんやっぷりが、すごく面白いです!
    絵も、細かいところまでハニカムにこだわってるようで、すごく楽しいですよ〜♪

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもも大人もたっぷり楽しめる

    六角形のはちのす城に住む、はちのお姫様のおはなし。おてんばのお姫様がお城を抜け出して大騒動。あれだけ怖かったミツバチがこの本を読むとかわいく思えてくるから不思議です。
    歌を歌ったり、迷路をしたり、ページに細かく描かれたミツバチの生活を観察したり。子どもも大人もたっぷり楽しめる絵本です。
    「どどんとなつまつりの巻」も読みたくなりました。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハチになりた〜い

    この本を読んであげるとうちの子は、ハチになりたいと大騒ぎ!!花粉団子はおいしそうだし、とっくりを作るときに、泥だらけになるのも楽しそうだし、何より、とっても大きなお風呂に入っていたのが、羨ましかったそうです。ハチの生活が楽しそうに書かれてました。

    掲載日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての外の世界

    はちのす城に住むお姫様、みつ姫は、いつも退屈。ある日お掃除を手伝おうとして大切な壺を割ってしまいます。慌てたみつ姫はお城の外に飛び出し・・・。

    よくあるお姫様にありがちな、わがままさや傲慢さは全くなく、素直で好奇心旺盛、そこら辺にいそうな普通の女の子のみつ姫。
    お城を飛び出し、色々な種類の蜂たちに出会いますが、みんな優しい人たちで、いつの間にかみつ姫のぺースにのまれていく様子が微笑ましいです。
    なんせ、みつ姫にとったら、初めての外の世界。何もかもが輝いて目に写ったんでしょうね。

    絵も凝っていて、お話の途中、六角形で出来た迷路で遊んだり、最後の温泉の場面など、色々な種類のお風呂があって、見ているだけで楽しめます。
    言葉遣いが時代劇口調なので、5歳にはそのまま読むと「?」のところが多かったようで、分かりやすいように言葉をかえて説明しながら読みました。
    小学生でも十分に楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魅力的なお姫さま

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    とんでるお姫さま、みつばちみつひめ。
    自分ばっかりのんびりしてるのが嫌でお手伝いをしようとしたけれど、うっかり蜜壷を壊してしまい、思わずお城を飛び出してしまいました。
    このみつひめ、高貴な身分の方だけど、偉ぶったところが全然なくて、素直で働き者のかわいい女の子。とても魅力的です。
    だからみんなが親切にしてくれるんですね。
    最後に入るお風呂のページがとても楽しくて、娘と細かいところまでじっくり眺めました。
    「ローヤルゼリーの湯」入ってみたいな〜。

    掲載日:2010/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット