なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

いつか、会いにいくよ」 みんなの声

いつか、会いにいくよ 作・絵:かとうしんじ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784062145602
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,481
みんなの声 総数 8
「いつか、会いにいくよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やさしい女の子

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    捨てられたものもしっかり愛することができる女の子のお話。
    捨てられたものを拾って不器用ながらもしっかりとお裁縫してあげたり、ことばをかけてあげたり、とてもやさしい女の子だな、と思いました。
    絵も可愛らしく、読みやすい絵本でした。
    娘も気に入った様子でした。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な本です

    娘に寝る前に読んでいるんですが、読んでいる私も胸がキュンとするような、とても優しい気持ちになれる本です。
    絵もとてもかわいく、配色もとても素敵。
    娘は、出てくるぬいぐるみを、『欲しいの』と言って、読み終わると最後に、ギュッとしてくれます。
    誰しもがきっと体験したことがあるような、温かくやさしい気持ちになれる本です。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も物語もステキです

    かとうしんじさんのイラストが好きで、
    図書館で見つけて思わず手にしました。
    一番初めに読んだ時は、期待しすぎたせいか「期待はずれ?」
    なんて思ってしまったのですが、何度か読み返すうちに
    主人公やお母さん、ぬいぐるみたちのやさしい心に触れ、
    とてもステキな作品であることに気付きました。

    娘も何度も読んでとせがんできます。
    最後にアピちゃんがぬいぐるみたちを抱いて「ギュッ」とすると、
    娘も私にギュッと抱きついてきます。
    絵も、かとうしんじさんの世界がそのまま広がっていて、
    見ているだけで癒されるようです。
    文章も登場人物の言葉だけなので(説明などがなく文字が少ない)、
    小さい子供には分かりやすく、良いと思います。
    絵本にしてはちょっと値が張るのですが、これも手元に置いて
    おきたい一冊です。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちが伝わっていたページにキュンです

     路上のゴミ箱に捨てられているぬいぐるみのおもちゃたち。
     毎日その前を通りかかる女の子アピ。
     雨の日も風の日も目にし、気になります。
     そしてついに、アピはおうちへ連れて返ります。

     お母さんに内緒で綺麗にして、繕ってあげるんですが……。

     一生懸命針を持って頑張っているアピちゃんが可愛い。
     上手くいきますようにと、祈って読みました。
     アピちゃんの気持ちが伝わっていたページにキュンです。
     
     アピちゃんのおかあさんがかけた言葉が素敵でした。
     こんなお母さんだから、アピちゃんも優しさいっぱいに育っているんでしょうね。
     私なら、「また拾って来てぇ〜。」「どれどれ、お母さんがやり直してあげる」なんて、言ってしまいそうです。

     このお人形さんたちは、アピちゃんにとって一番のお友だちになりましたね。
     
     作風から外国の方の作品と思っていましたが、日本の方の絵本と知って、より身近なお話しに思えました。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずっといっしょだよ

    • ベーベさん
    • 30代
    • その他の方
    • 長野県

    ポップでかわいらしい絵です。
    捨てられているぬいぐるみたちを、まるでお母さんのように世話します。うまく繕えなくても、喜ぶぬいぐるみたちのやさしさと、ずっといっしょだよ、とぬいぐるみを抱きしめる女の子の姿は、ポップにもかかわらず、おもわずジーンとしてしまいました。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピッカピカ!

    「ピッカピカ!」

    が、気に入ってまた言葉が増えました。

    アピちゃんの頭、孫にそっくりで可愛い!

    くるくるのへアーがとてもお似合いで可愛いです。

    アピちゃんに拾ってもらって幸せなお人形さんたち!

    孫は、お人形さんには興味がなさそう(?)ですが、アピちゃんの拾っ

    たお人形さんは気になっているみたいです。

    おかあさんの優しさがとってもよかったです。

    おかあさんが椅子にかけて本を読んでいる光景の絵がとてもよかったで

    す!その配色が気に入ってます。

    「いつか、会いにいくよ」題名だけでもうっとり、読後にはとくに

    感傷にふけっていたくなりました!

    とてもお薦めの絵本です!

    掲載日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子

    主人公の女の子がちょこんと椅子に座っている姿がとても可愛らしい表紙に魅せられたのでこの絵本を選びました。主人公の女の子の優しさが滲み出る絵が素敵でした。新しい物を欲しがるのではなく人の気持ちを察する事の出来る、見かけだけで判断しない主人公が素敵でした。主人公のお母さんも綻びたら捨てるのではなく修繕して使う精神を持っているのが素晴らしいと思いました。主人公がお母さんの意志をしっかり受け継いでいて感動しました。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ☆優しい絵本☆

    • 15さん
    • 20代
    • その他の方
    • 京都府

    ゴミ箱の中の雨風にさらされているぬいぐるみを毎日見てた主人公アピ。
    意を決して話しかけます。「アピのうちにおいで。」
    連れ帰ったぬいぐるみ達をお母さんに内緒でお風呂に入れて繕うことにしますが、お母さんみたいに上手くできず、落ち込みます。
    すると、突然ぬいぐるみ達が「ありがとう」「だから、もう捨てないで」と。
    そのぬいぐるみの表情がまた真剣で・・・。

    子供にとって、可愛がっているぬいぐるみは特別です。生きています。
    モノとして捨てられちゃったぬいぐるみに、アピが見せる優しさにホロリとします。

    その後、お母さんに見つかりますが、叱ったりせずに、「かわいい!」と微笑みます。その笑顔に読者もホッ=3
    優しい絵本に癒されます。

    掲載日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / みどりのくまとあかいくま / ルリユールおじさん / 大型絵本 もったいないばあさん / むしむしでんしゃ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 4
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット