十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ほなまた」 みんなの声

ほなまた 作・絵:こしだ ミカ
出版社:農山漁村文化協会(農文協)
本体価格:\1,333+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784540072529
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • たべるぶんだけとったらええんや

    インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に取りました。ダイナミックな自然を描いていて、とても迫力があります。
    きのこ狩りにきて、「まだいっぱいあるやん」という孫に、「たべるぶんだけとったらええんや」と言うおじいさんの言葉が胸を打ちました。自然との共存について、考えさせられる絵本だと思います。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 植物も昆虫も動物も人間も出てきます

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    絵本原画展で、この作品を知りました。

    絵本いっぱいに、所狭しと書かれている草や落ち葉や虫!
    木の皮などは、一枚一枚色が違って、気が遠くなるような
    作業だと感心させられます。

    木の根っこは、大迫力です!!圧倒されてしまいました。

    きのこの育ち方が丁寧に書かれていて、お勉強にもなります。

    たくさん、動物が出てくるのですが、幸せそうな顔をしている
    ページがあり、見ているこちらまで、ほっこりした気持ちに
    なりました。

    おじいさんが孫との会話の中で、ためになるお話をしています。
    その会話を聞いた後、『ほなまた』が生きてきます。

    前も後ろも見開きのページを見るたびに、いろいろな発見があり
    じっくりみたくなりますよ。

    息子は、虫が大好きでハエやアリなどが出て来ていたので、
    嬉しそうにそのページをじっくり見ていました。

    この絵本に出会えてよかったです。

    掲載日:2010/10/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 農文協

    農文協の絵本だったので選びました。とても味のある表紙に魅せられました。普段日常ではあまり見ることのない土の中の様子が分かりやすく描かれているのが良いと思いました。この絵本を読むことで森の中で起こっている食物連鎖を自然に学べるのが良いと思いました。キノコは皆から愛されて好かれているので幸せ者だと思いました。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • また来年の秋に

    このお話は、きのこが実る秋の時期におじいちゃんとキノコと取りに来た孫のお話でした。森の動物たちも孫もみんなたくさんのキノコに大喜びしていました。でも、おじいちゃんは食べる分だけ!と言って他のきのこはまた来年とりにくる!と言い聞かせていました。来年が待ち遠しくなる、そんなお話でした。

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『フンベツ』 を知る

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    すごいインパクトのある
    力強い絵\(◎o◎)/!
    細かいんです、良く観察しているなぁ・・・

    おはなしもまたいいんです
    おじいちゃんと、孫で
    伝え合っているのがいいです

    「たべるぶんだけ とったら ええんや
    あとは、また らいねん」

    そうです
    自分達が「食べる分だけ」
    「分」を知ることは大切です

    そして「また らいねん」に残すんです

    「ほな また」

    動物達がそうであるように
    人間も分別・・・
    フンベツ(道理をよくわきまえていること。
    また、物事の善悪・損得などをよく考えること)
    を、わきまえてほしいものです

    秋のおはなし会に読みたい1冊です

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • きのこたくさん!

    絵の中に、こんなにきのこがたくさん
    出てくる絵本を、初めて見ました。
    しかも、きのこもそうですが、人間の絵も
    とっても渋いんです。
    渋すぎます!!
    こういうタッチの絵を初めて見たので、
    大人の私がはまりました♪

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • それがいちばん大切なこと

    自然界のしくみがよく分かります。
    胞子からきのこに成長するまでの過程、
    本文にはないですが、きのこをとりまく環境も
    絵で見ることができます。

    成長したきのこ。
    それは、山の動物たちに恩恵をもたらします。
    そこに介入する人間。
    でも、この本に出てくる人間(おじいちゃんと孫)は、
    必要以上の介入はせずにあくまでも「恩恵」として受け取って
    いるところが、本当に素晴らしいです。

    ちょっとしたことが、また次の「恩恵」をもたらしてくれる。
    それがいちばん大切なことだなって思いました。

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトル

    「ほなまた」タイトルと強烈な絵に惹かれて図書館から借りてきました。きのこはまだ私が幼い頃には山できのこがどっさりとはいかないけれど、祖母の秘密の場所(?)に連れていってもらいました。今ではその場所は道路が整備されてしまってます。ちょっと寂しいです。おじいちゃんの、「食べる分だけとったらええんや。あとは、また来年」の言葉にとても和みました。私なら、夢中でとれるだけとってるだろうなあって苦笑してます。きのこがいっぱい入った五目ご飯がとても懐かしかったです。久しぶりに祖母のことを思い出して懐かしんでいます。絵本に感謝してます。

    掲載日:2010/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルが効いているな〜

     木の山の恵み、きのこのお話です。
     絵が迫力があります。
     土の上ばかりか、土の中の命の営みも描かれいます。

     おじいさんが、孫息子を連れてきのこ採りにやてきました。
     かごいっぱい採れて、帰ろうとするおじいさんに、「まだいっぱいあるやん。・・・。」と孫が言うと、「たべるだけとったらええんや。あとは、またらいねん」て言うおじいさんの言葉が素敵でした。
     そうなんですよね。
     これを近頃の人は忘れてるな〜って思いました。
     山の恵みは、人間だけのものじゃないんですよね。
     春の味、たらの芽なんか根こそぎ掘って持ち帰る輩がいるとか。
     まったくもってけしからん。
     山菜採りの名人は、今際の際にもお宝の場所を息子にすら明かさないというから、人間って欲張りだな〜って、思います。
     
     このおじいさんに、大人も学びたいですね。
     読後、タイトルが効いているな〜と改めて思いました。 

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力強い自然!

    タイトルの「ほなまた」がぴったりのお話しです!
    1年に1度(なんでしょうね〜)のきのこ狩りを楽しむ
    おじいちゃんと孫。それから、きのこの生息する
    もりの動物達、それぞれがとてもいきいきとしていて
    大自然の力強さがよく伝わってきます。
    そして、年に1度にふさわしい、「ほなまた(来年)」の台詞が
    とても自然で言い響きだな〜って感じます。
    それから、収穫したキノコはどのような料理として
    へんしんしたのか?もとても気になってしょうがない!
    きのこ料理が食べたくなるお話しでもありました。

    掲載日:2008/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット