十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

あたしのおみみって?」 みんなの声

あたしのおみみって? 作・絵:下田 智美
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784774610870
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,402
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すなおなきもち

    女の子が、「そのみみ ステキだよね ちょっとだけ かして」と、ペットらしきビーグルから、耳を取って自分の耳につけるところから始まります。
    その後、動物に出会うたび、新しい耳が気になり、次から次へと取り換えていきます。

    結局、女の子の身勝手な行動は、自分に跳ね返ってくるのですが、試してみたい女の子の気持ちわかるなぁ…と思いました。
    だって、ただのつけ耳なら、偽物でもいいのですが、機能まで試せるのはやっぱり魅力的です!
    そんなふうに、お話の流れに沿って、動物たちが耳をどんな風に使っているのかがわかるのがいいですね。
    巻末には、オリジナルつけ耳のアイディアや、登場した動物たちの世界分布図もついてます!

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の耳図鑑

    動物園が大好きな息子に読みました。
    動物の耳だけをこんなによく見たことはありません。
    色々な動物の耳を比べてその特色や役割が学べました。
    へぇ、この動物ってこんな風に耳を動かすのねと
    一緒に読んでいて学ぶこともありました。

    今度、動物園で見る動物たちの耳にも注目してみようと
    思います。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの耳

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    女の子がいろいろな動物の耳をつけてみます。
    耳をつけると、いろいろな動物の耳の形や特徴、働きなど
    を知る事ができます。
    どんな風に聞こえるのかな〜と耳を付け替えたい気分になりました。
    母「やっぱりウサギの耳がかわいいよね?」
    娘「え〜。自分の耳が1番。」と
    絵本を読んでみて、ちょっと怖くなったよう。
    オリジナル耳の作り方が紹介されています。

    掲載日:2008/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット