だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

あはっと おばあさん」 みんなの声

あはっと おばあさん 作・絵:山口 みねやす
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:初版 2008年4月
ISBN:9784477019352
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,131
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユニーク

    表紙の御婆さんがソンブレロを被っていてとても御洒落で素敵だったのでこの絵本を選びました。テンポよく読める工夫がなされている所が良かったです。御婆さんの人柄の良さが皺に刻まれているのも魅力的でした。御婆さんの優しさの御蔭で沢山の人が幸せの笑顔になる場面が素敵でした。続編も読んでみたくなる絵本です。笑顔の素晴らしさを感じられる絵本でした。

    掲載日:2009/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しげに響いたのかも

    どんな時にも「あはっと」喜んでいる「あはっとおばあさん」。

    割と単純な繰り返しなので、息子にはどうかな?と思いましたが、ユーモラスな絵と、「あはっと」とという言葉に、思いの外受けていました。

    「あはっと」というのが楽しげに響いたのかもしれません。

    掲載日:2008/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑う門には・・・

    息子と一緒に楽しんだのですが、読後に息子が
    「このお話しは“笑う門には福来たる”だね」
    と話していましたが、まさにその通りで
    突然やってきたいろんな動物にびっくりすることなく
    「あはっ」と笑っているおばあさんはいつしか素敵なものを。
    なんて心の広い人なんだろうね。と、息子と一緒に感心しました。
    そして、この先おばあさんの生活がどうなっていくのか
    気になるところで終わってしまったので、もう少し
    続きが欲しかったな〜。

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「あはっ」は「アハ!」!?

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    1人暮らしのおばあさん。
    偶然ポケットに飛び込んできたカエルを家に連れて帰ります。
    そして 一緒にご飯を食べる時 
    なんだか嬉しくなって「あはっ」と笑い声を上げるのです。
    この「あはっ」は 1人よりも2人
    (カエルだから1人と1匹ですが…)の方が楽しい☆と
    おばあさんが【気付いた】為に上げた声だとしたら
    これは『アハ体験』の「アハ!」かな…なんて考えたりしました(笑)
    カエルに続き この後も多くの友達を家に連れて帰り
    その度に「あはっ」を繰り返すおばあさん。
    お友達が増えるたびに どんどん表情も明るくなり 
    おしまいのページの顔は
    表紙の気難しそうなおばあさんとはまるで違います。
    そんなおばあさんの変化に 私も嬉しくなる絵本でした。

    掲載日:2008/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット