貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

「はじめてのったちかてつでんしゃ」 みんなの声

はじめてのったちかてつでんしゃ 作:横溝 英一
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「はじめてのったちかてつでんしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 再販してほしい絵本ですね。

    先日、電車大好きな2歳の息子が
    初めて地下鉄電車に乗ったその日から
    毎晩読んでほしいとリクエストがあります。

    地下鉄電車に初めて乗ったときに
    「ずっとトンネルの中だね」と不思議そうでした。
    帰った晩にこの絵本の断面図?を見ながら
    地下鉄は道路の下を走っているからずっとトンネルの
    中なんだよと教えてあげたら小さいながらも
    理解してくれたようです。

    「かがくのとも」の月刊誌だったので
    科学的な日比谷線と丸の内線の電気の取りかたの違いなども説明されていてもっと大きな電車大好きなお子さんにも
    おすすめしたい絵本です。
    うちの息子ももう少し大きくなったら
    両線に乗ってその電気の取りかたの
    違いを実際に見せてあげたいなと思います。

    この絵本は、少し前にたまたまオークションで
    見かけて入手できました。
    調べてみると今はもう販売されていないようですね。
    とっても良い内容なので残念です。
    ぜひ再販してほしい絵本です。

    掲載日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット