しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

いちねんせいのがっこうたんけんなかなかよいと思う みんなの声

いちねんせいのがっこうたんけん 作:おか しゅうぞう
絵:ふじた ひおこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784333023189
評価スコア 4.74
評価ランキング 892
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懐かしいと思いました

    まだ保育園に通っていますが、この絵本は

    やっぱりもうすぐ小学校に入園する子に

    読んであげたい絵本だと思いました。

    いろんな部屋の紹介がされていて、

    ママの方が懐かしさを感じてしまいました。

    でも小学校ってこんな感じなのかと

    期待を膨らませたようで、何回か読みました。

    学校のお話なので、基本的には、

    生徒と先生がでてきます。

    最後の最後で家族の絵がありますが、

    このページの文章が一番大切かな?と

    思いました。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい場所

    あ!懐かしい・・・。

    大人になると もうなかなか行く機会がない、小学校。
    図工室や体育館や、懐かしい場所のイラストをみながら
    小学生の頃を思い出しました。

    広い広い学校には、確かに探検する場所がいっぱいで
    新入生の子たちは、面白いかもしれませんね。

    小学校入学前の子が読めば、学校生活のイメージづくりになりそう。
    小学生の子が読めば
    自分の学校が、もっと好きになりそうな絵本です。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一年生ならでは

    正直に言うと、いままで、こういうピンポイント年齢ものって
    あまり好きではありませんでした。
    でも、娘が一年生になってその必要性を確認。
    新・一年生にとって、学校という場所ってほんとうに
    未知数で、不安で…。
    そんなときに、こういう絵本があると
    とても心が救われるんだなあって思いました。
    これも、なんていうことのない、学校探検そのままの絵本です。
    でも、一年生という、人生の大きな節目を
    生きている子どもにとって、同じような一年生を描いた絵本っていうのは
    嬉しくて、読んでもらうと楽しいんだなあって思いました。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくドキドキ一年生

    この4月に一年生になる娘と一緒に読みました。

    親子してワクワクと不安の入り混じったこの気持ちを
    少しでもポジティブにしたいと思ったのです。
    この絵本は上級生が学校の案内をしてくれるとても
    楽しい絵本です。

    理科室、音楽室などを在校生の視点で優しく案内してくれる所が
    気に入ったようです。こんな優しい先輩が沢山いたら学校も
    楽しいだろうなぁと期待が膨らみます。

    これから一年生になるお子さまにおススメです。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生の心を捉えるみたいです

    • リレカさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子4歳

    小学1年生の次女がゴールデンウィーク明けに、学校探検をするというので、ぴったりの本をみつけました。
    本の中では2年生が学校の中を案内してあげるのですが、1年違うだけでずいぶん頼もしいお兄さん、お姉さんにみえます。
    校長先生のネームプレートが作者の方の名前になっているのを発見!
    シリーズで「いちねんせいのいちにち」という本もあるようなので、そちらも読んでみたいです。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢がふくらむようです

    来年小学校に入学する娘が年中の終わり頃に書店で見つけ、「どうしても買ってほしい!」と言った本です。
    小学校ってどんなところなのか、知りたいけれど全然分からない…そんな娘の心をこの本は一瞬にしてつかんだようです。
    1ページずつ、じっくり楽しんで目を通しています。

    小学校すべてがこういう仕組み(つくり)ではないと思うので、これが全てと思われても困るのですが、こんな風なんだなぁ、と入学を楽しみにできるという意味ではとても役に立つと感じています。

    子供は大変気に入っています。
    親はどうかと言うと、1年生を連れて2年生が学校案内をするという内容に少し疑問を感じています。
    果たして2年生ってこんなにシッカリしているものなのかしら…?と。
    2年生ではほとんど使用したことのない教室ばかりを、「何年生になったら何々をする部屋」と紹介する様子は、不自然な印象を受けました。
    使ったことのない図工室で、1年生が誤って壊してしまった上級生の粘土細工を、「大丈夫」と言って慌てることもなく直す様子など、「本当?」と思ってしまいました。

    でも、絵本なのですから、そんな小さなことこだわる必要もないのかな?とも思います。ということは、そこまで感じるほどリアルに描かれているのかもしれません。実は親の私がハマってしまっているのかも…とも。

    入学前のお子さんと楽しめる本です。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一年生になる前に

    一年生になる前に読んであげました
    丁度、進学する学校に見学に行き
    上級生のお兄さん・お姉さんに
    案内してもらった時期なので
    「あ〜これみたよ!」
    「お兄ちゃんがこういってたよ!」と
    話に花が咲きました。
    1年生になる前にオススメですよ

    掲載日:2009/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!


読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット