ゆきが くれた おくりもの ゆきが くれた おくりもの
文: リチャード・カーティス 絵: レベッカ・コッブ 訳: ふしみ みさを  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある寒い冬の夜、ロンドンの街に大雪が降った! 勉強のできない男の子と、きびしい先生に起きた、あたたかな奇跡のものがたり。
てんぐざるさん 40代・ママ

映像で見てみたい気がしました。
この作品は日本では2014年の10月に…

よんでよんでトーク 1」 みんなの声

よんでよんでトーク 1 作:高橋 元夫 蔵元 和子
絵:三栗 沙緒子
出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1995年10月
ISBN:9784892942266
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ブックトークナビ

    この本では、架空の図書館勤務の24歳の青年と、図書館大好きな11歳の女の子が、二人でブックトークを展開します。友だちをテーマにして55冊あまりの本が出てくるのですが、「世界のあいさつ」から始まり、「走れメロス」で終わるまで、前後の本に必ずつながりがあるようにトークが進み、レイアウトも工夫されているので、とても楽しく、ぐんぐん読んでいけます。普段のお話会でも、こんな風に紹介できたらおもしろいだろうなあと嬉しくなりました。
    編著のお二人は、どちらも小学校教諭の経験を経て図書館に関わっていらっしゃるので、子供と本をどんなふうに繋いだらいいのかを、上手に教えてくださるという感じです。
    シリーズで6巻出ているので読みあさろうと思います。

    掲載日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ペレのあたらしいふく / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット