ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ちへいせんのみえるところ」 みんなの声

ちへいせんのみえるところ 作・絵:長 新太
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,600+税
発行日:1998年
ISBN:9784939029011
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,120
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 不思議な世界・・・・・

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    いやいやいや。これは本当に不思議な絵本。
    長 新太ワールド炸裂という感じですね。

    美しい地平線が見えると思っていたら

    『でました』

    ぅわ!ビックリした。顔じゃん!

    するとまた次『でました』

    え?今度はゾウ?

    そうしていると、いつの間にか地平線は水平線に変わってて・・・でもまた最後には、いつの間にか地平線に戻ってて・・・。

    本当に本当に不思議。

    『でました』だけなのに、飽きない。
    オススメです。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 感想を書くのは非常に難しい

    絵をしっかり見る甥にどうかと勧められた絵本です。

    長さんの本、おもしろいのですが、感想を書くのは非常に難しい場合があります。

    この作品もそのタイプ。私には良いのか悪いのか判断がつきかねる本です。

    海からいろいろなものが出てきます。

    それも海から出るものとは思えないほど不思議なものばかりです。

    息子に地平線のみになった時に私が「何もないね」と言ったら、息子が海を指して「あるよ」と言いました。

    息子も何か感じるものがあったのかもしれません。

    見る人によって違った感想が持てそうな本です。

    鶴見俊介さんの著書に「神話的時間」というのがありますが、七歳までは神の内に入る子どもなら絵本と対話ができるかもしれません。

    二歳の甥がどんな反応を示すのか?今から楽しみです。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 正直、全然わかんない。

     地平線から、どんどん関連性のないものが飛び出してくる。
    出ました。
    出ました!
    出ました・・・?

     脈絡のなさ、奇想天外さ、ナンセンスさ、ぜ〜んぶ長新太の得意技。
    つまり、長新太をぎゅぎゅっと凝縮してある一冊なのかな。

     とにかく、ほんっとに、意味不明。

     ・・・なのに、なんで評価が五つ星かって?
    ・・・長新太信奉者なんだもの。
    いいじゃないですか。
    ・・・ダメですか?

     これを読み聞かせする立場としては、ほんとうに悩ましい。
    もしかして、読み聞かせするよりも、子どもたちが頭の中で反芻した方が楽しいのかも知れない。
    現役の子ども時代に、出会ってみたかった。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 静と動のおもしろさ

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    2・3・才のお友達と一緒に読み聞かせしてもらった作品です。

    はじめはちへいせ・、と草原のような広い絵に長新太さんの作品とは思いませんでした。
    でも・・

    『でました』と一言読んで・・ページをめくったら・・顔?
    ぼくの顔??
    ぞうの顔??

    えっ・・でないの??


    こどもたちも次は何か想像もつかないのか・・真剣に見ていました。
    もちろん・・私も・・・
    ありえない・・と苦笑がでたり、プッと笑えたり、可愛い・・と声がでたり・・まさに長新太ワールドでみている 人みんなが楽しくなる楽しいお話でした。

    読んだ後、ほのぼのするのっていいですね・・
    これは、大きいこどもでも十分楽しめそうですね。

    掲載日:2008/10/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人生そのもの

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    地平線の絵に、「でました」の一言と共に、どーんと何かが出てきます。

    出ないときもあります。

    それが、生きていくことに似ています。

    何もないこともあれば、何かが起こるときもあります。
    それが、良いことなのか悪いことなのかは分かりませんが。。
    でも、そうやって何かに出会って、別れ、また出会って、別れるのです。

    長さんの真意は違うかもしれませんが、ふとそんなことを思いました。

    長さんの「間」がまさに長ワールドですね。

    年齢で解釈や楽しさが違ってくる絵本だと思います。

    掲載日:2007/06/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 次は何が出るんだろう?

    何だこりゃ〜。
    頭のなかが「???」で埋めつくされてしまいました。
    この手の絵本は苦手なのですが、何度も見返していると、楽しくなってきました。
    長さん、読者を試していますね。
    「ありえな〜い」、「意味わかんな〜い」、「これが地平線ってか〜」等という突っ込みに動じていない素晴らしさがあります。
    太陽が昇ってきた時には、ややホットしたのですが、「次は何が出てくるんだろう」と思わせるエンディング。
    きっと「好きにしてください」ってのが答えですね。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだこれ〜

    え〜!
    なんだこれ〜、おもしろい!
    きれいな地平線の絵なんだけど、「でました」って!
    しかも「でました」だけって!
    でてくるものがまた・・・。
    不思議ワールドへいざなわれていくのでした。

    息子はまだ自分で絵本を読むということができないのですが、この本は楽しんで一人でも読めました。
    でなかったページでは「え〜、でないのか〜、でませんでした〜」と、とても楽しそう。

    息子だけではなく、私もとても楽しく読ませてもらいました。
    でないタイミング!たたみかけてくる顔!美しい地平線・・・。
    すごい、この絵本。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が見ても、さっぱり意味がわかりません。
    最初に、地面に男の子の顔だけ出てきたときは、ホラーみたいで少し怖かったです。
    地平線であり、水平線でもある線から、いろんなものが出てきます。
    子どもたちには好評でした。
    子どもにしかわからないツボがあるのだと思います。
    私はもう、頭が固くなったのかなぁ……

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • でました

    「でました。」の繰り返しで、予想もつかないものが登場しました。
    この予想外な展開は、長新太さんのワールドですねー。
    長さんの作品が好きな我が家の子供たちですが、この絵本はあまり好きじゃなかったそうです。
    なんでだろー??

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちでは、あんまり…

    長 新太さん大好きなんですけど…。
    この本は、我が家ではイマイチ ウケませんでした。
    わたし的には、最初と最後の同じ顔だけは、妙にツボです。
    全頁コレでもいい。
    あとは、すこし地味な感じでした。

    掲載日:2011/08/19

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット