うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

みずたまぴょんがやってきた」 みんなの声

みずたまぴょんがやってきた 作:斉藤 洋
絵:森田 みちよ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784652009109
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「みずたまぴょんがやってきた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ワクワクするキャラクターたちが続々!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    いつでもパラディア・シリーズの1作目です。

    今回のお話は、はこいりひめのボーイフレンド・みえぼうが進行役です。名前こそ、どこかの古い番組(「き○どん」)に出ていた息子の名前と同じですが、ここパラディアでは、軽くジャンプすると、魔法みたいに着替えたい服に着替えられる不思議な男のです。
    そのみえぼうが、道端でゼリーみたいな玉を見つけ、その迷子(らしい)ゼリーの玉のお家を探すのが、今回のお話。

    パラディアには、いろいろな不思議生物たちが住んでいるので、ゼリーの玉のお家を探しているうちに、前回も登場した「えいさ・ほいさ」(走るのが大好きな二人組)や「大きな家が背中に乗っていて、みんなのタクシーのような役割をしている「だいでんでん」、踊ったり歌ったりするのが大好きな二人組のおばあさん「ジルバア・ルンバあ」なども登場します。
    さらに新しい仲間たちも次々登場するので、子どもは読んでいて、とても楽しかったそうです。
    続編の「はこいりひめのきえたはこ」とともに、(小学校低学年から中学年の女の子(たぶん、男の子はこういう話は苦手)に特にお薦めの作品です。

    また、子どもにとって、ワクワクする材料の一つが、魔法みたいに変身できるみえぼうの特殊能力(?)でした。
    で、事件の発端となった「ゼリーのような玉」は、どうなったかって?
    気になる方は、ぜひ!読んでみてください。

    掲載日:2008/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット