庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

どどどどど」 みんなの声

どどどどど 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784032046601
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,697
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 絵本の力。

    五味太郎さんのこのシリーズは、母子ともに大好きです。
    息子が2歳代にすべて読みました。
    当時、重機や電車などの乗り物が好きだったんため、
    この「どどどどど」と、汽車が出てくる「ぽぽぽぽぽ」を試しに読んだところ、大喜び。
    何を読もうか悩んでいた時期だったため、
    ここぞとばかりにシリーズすべて制覇しました。
    息子はほかにも「かかかかか」や「りりりりり」なども好きでした。

    「どどどどど」の場合は、ブルドーザーが上に登っていくと、
    「どれみ」と音階に変わります。
    歌うように読み進められます。
    基本的には、一文字だけで絵本を構成しているため、
    2歳くらいまでの子どもの言葉遊びの絵本としてオススメです。

    我が子はこのシリーズを読んだおかげか、
    2歳代で五十音をすべて読めるようになりました。
    子どもが楽しむから読んでいたのに、
    文字を覚えるというおまけがついてきました。
    一つの文字に特化しているため、自然と覚えてしまうのでしょう。
    我が家は早期教育的なことは何一つしなかったので、
    絵本の力はすごいなと思います。

    掲載日:2016/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「るるるるる」が気に入っていて乗り物好きな息子が喜ぶだろうと思って購入しました。
    「どれみふぁそらしど」の音階に乗ってブルドーザーが上がったり下がったり飛んじゃったりぶつかったり!
    シンプルな絵と言葉なのにユーモアがあって躍動感があってとても面白いみたいです。
    音楽教室に通っていて「ドレミ…」のことを少し知っている効果もあるのかと思います。音階を意識して声を上げ下げして読んであげると、何回読んでもキャーキャー笑いながら聞いてくれるので親としても嬉しいです。

    掲載日:2016/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 視覚効果大

    23ヶ月の低月齢の子にぴったり!
    白、黒、縞々の3要素が前ページに渡っているので最後まで集中して見てくれます(*^▽^*)
    出てくる言葉は「どれみふぁそらしど」と「じ えんど」のみのシンプル構成。
    五線譜見立ての地面を可愛らしいブルドーザーが進んでいきます。
    この地面、「どみそ」「そみど」と言葉に合わせてでこぼこ道になったり坂になったり変化に富んでいるので、成長に合わせて語りかけを増やして楽しめる作品だと思います。
    五味さんのこのシリーズの中で赤ちゃんの食いつきが一番よく、親としても味わい深く一番のお気に入りになっています(*´U`*)

    掲載日:2014/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドレミ

    どの音が、工事現場の重低音を良くあらわしていると思います。
    日本語の面白さを再認識させてくれる本だと思います。

    とても面白い本ですが、娘は工事現場をあまり見ないので
    (今は囲われていますし)
    ブルトーザーなどの重機にあまり興味ないので残念です…

    土のところが五線譜になっていて、どれみと音楽になるところが
    大人としては面白いと思いました。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく読めます♪

    「どどどどど」の言葉だけかと思ったら、
    いつのまにか、ドレミの音階が登場します。
    ブルドーザーがそれに合わせて、いろんな
    道をつくっていきます。
    不思議な絵本なのですが、なぜかどんどん
    魅かれていった絵本です。
    楽しくリズミカルに読んであげてほしい絵本
    です♪

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌いながら読んでいます

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    このシリーズ大好きです。
    今回は、大好きな車(ブルドーザー)が出て来るので期待して読みました。
    どどどどど から始まり、どれみふぁ と音階の音が出てきます。
    音階にしながら歌うように読んでいます。
    そうすると、読むのがとても楽しいです。
    ついつい音階を覚えて一緒に歌ってくれる日がくるといいな〜と思いながら読んでしまいますが、何か音楽みたいで楽しいなというぐらいに息子が思ってくれればと思います。
    最後はどしらそふぁみれど じえんどと終わるところが、リズムが良くて好きです。

    掲載日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドレミ

    五味太郎さんの「音の絵本」シリーズです。
    全10冊中、我が家では3冊まで読みましたが、今のところ「どどどどど」が親子共に一番のお気に入りです。

    工事の音「どどど」で始まったかと思ったら、ドレミの音になりました。ブルトーザーと音楽を組み合わせる発想は、すごいです。
    よく見れば、地面の模様は五線譜でしょうか。

    「じえんど」で終わるラストは、スッキリしています。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五線譜を走るブルドーザー

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    題名を見た時、何となくブルドーザーっぽいイメージを予想していました。
    でも、中表紙からしっかり絵をご覧ください。
    ト音記号と五線譜があるではありませんか。
    そして「どどどどど」とくれば、そう、音階の「ど」なんですね。
    ブルドーザーの行く先々、「どれみふぁそらしど」の音が交じり合います。
    絶対音感のない私はここでひるんでしまいました。
    宮川彬良さんにクインテット風にメロディを弾いてもらいたい気分です。
    ともあれ、坂道、でこぼこ道、断崖!?と、なかなか道中はスリリング。
    ブルドーザーがいつしか表情を持っているようにも見えてきます。
    ラストのオチは見事ですね。
    こだわれば、楽器で音読のようなことも可能でしょうが、
    感性で読んでも、味があると思います。
    乗り物好き、あるいは、音楽好きのお子さんにはいいと思います。

    掲載日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 唄うように読みました

    すばらしい☆
    このシリーズ、何冊か読んでいますが全部パターンが違っていて、
    この本は言葉だけじゃなく音楽としても遊んでいて
    シンプルなのに奥深いです。

    表紙では気付かなかったけど
    中表紙でト音記号があり、この横線は五線譜なんだと気付き!
    ならば『どどどどど』は音階の『ド』?!と発見した時は
    なんだかウキウキしてしまいました♪
    読むときも唄うように読んで自分が楽しみました。

    ブルドーザーが宙(そら)に浮いてる場面の
    『みふぁみふぁ そらそら』が不思議なカンジが出ていて
    特に好きです。

    掲載日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音楽の本?

    息子が幼稚園から借りてきました。おそらくは「くるまのほん!」ということで借りてきたのでしょう。表紙がブルドーザーですから。
    「どどどど」……ああ、工事の音だけかなんて思っていたら……
    あれ? 音階になってる。音の通りに読んでみると大ウケ。2、3回続けて読まされました。音を高くしたり、低くしたり、パターンを変えて読んだので、よけいに面白かったみたいです。よほど気に入ったのか、ミニカーを出してきて「どどどどど ごっこ」をしています。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / やさいのおなか / もうおきるかな? / もけらもけら / いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット