モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ティル・オイレンシュピーゲルのゆかいないたずら」 みんなの声

ティル・オイレンシュピーゲルのゆかいないたずら 作:ハインツ・ヤーニッシュ
絵:リスベート・ツヴェルガー
訳:阿部謹也
出版社:太平社
本体価格:\1,748+税
発行日:1991年06月
ISBN:9784924330191
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,059
みんなの声 総数 2
「ティル・オイレンシュピーゲルのゆかいないたずら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意外と楽しい

    ツヴェルガーの絵でなければ手に取らなかったと思いますが
    意外と読みやすく楽しい。

    道化であるティルの赤ちゃん時代
    すでになにかしでかしそうな顔をしているところが
    期待感をそそります。

    いたずらをするばかりではなく どこか冷静に人々を見ているティル。
    人々はティルを馬鹿にしつつも
    『物事をすきなようにひっくりかえしてくれる彼』を楽しんでいるようです。

    3人の人が同じことを言えば
    (特にそのうちの一人が権威のある人ならば)
    緑色を青色と思わせることもできるというお話は
    たいへんな皮肉だと思いました。
    わたしもひっかかりそうです・・・

    フクロウと尾長ザルのパンのお話も好きです。
    挿絵のパンがかわいくて食べてみたい。

    どのお話もそれぞれに味があっておすすめです。

    掲載日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドイツの道化

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』の
    題材になった14世紀北ドイツの伝説の道化のお話です。
    伝説とはいっても、今でもドイツの町に残るティルの博物館や像が
    あるそうなので、興味深いですね。
    この絵本では、エピソード集のような形で、
    生誕から最期までが収められています。
    もちろん、道化ということで、その行動は縦横無尽、いたるところに、
    とんちも垣間見えるので、なかなか高度ないたずらだったようですね。
    結構派手ないたずらにもかかわらず、なぜか憎めない、
    この絶妙な行動がずっと人々に愛されてきた理由でしょう。
    ツヴェルガーの絵が、中世の雰囲気にぴったりです。
    読み物のように、じっくり味わってほしいです。
    リヒャルト・シュトラウスの交響詩ももう一度じっくりと聞いてみることにしましょう。

    掲載日:2008/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット