ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひな祭りの知識も学べる!
ととくろさん 30代・ママ

ひなまつり定番で☆
たちもとみちこさん絵のこの行事シリーズ…

「おおかみがきた! 」 みんなの声

おおかみがきた! 作:トニー・ロス
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「おおかみがきた! 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 現代版

    最近、小沢正の作品が気になっているので図書館で検索して出てきたのがこの本です。小沢正が訳しています。

    このお話の元は、有名な「おおかみがきた」と言っていたうそつき少年のお話なので、馴染みがあると思います。

    トニー・ロスの「はらぺこおおかみと7ひきのこやぎ」も読んだことがあり現代版という感じを受けましたが、このお話も現代版「おおかみがきた」です。

    少年はハリーという村のそばに住む男の子。おおかみは、山の反対側に住みお腹が減ると「よそいきのふくをきちんときこみ」ます。そして村人を食べてしまうというわけ。

    きちんとした紳士風なのに、人間を食べてしまうというおおかみ。

    昔は怖いものといえば、野性の動物だったのかもしれませんが、今は不審者や変質者が出る時代。動物よりも人間の方が怖いかもしれません。私は見ていておおかみの顔をした人間に見えて仕方ありませんでした。

    絵本の軽やかさの中に、怖いものが沈んでいるようで、じわじわした怖さがありました。

    このお話、現代風になっているので、先にイソップのお話から読んでみた方がいいと思いました。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット