だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おじいちゃんのところ」 みんなの声

おじいちゃんのところ 作:ヘレン・V・グリフィス
絵:ジェームズ・スティーブンソン
訳:秋野 翔一郎
出版社:童話館出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784887500945
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「おじいちゃんのところ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 寄りそうこと

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     田舎のおじいちゃんと町に住む母娘との、何気ない会話をつづった絵本。
    絵本の中で、母の育った田舎の家、庭先、納屋、空、森、湖、ゆっくりと時間が過ぎていきます。取り留めのないジョーク混じりのおじいちゃんの会話が、町の粘り気のない子どもの会話を、ゆっくりと解いていきます。寄りそうように、会話を子どもに預けるおじいちゃん。家畜の話が加わって、より和やかになります。
     肩の力をすーっと抜ける、ふしぎな絵本です。感謝

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理想の帰郷

    • のきこさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子6か月

    なんの事情かはわからないが、ある日お母さんが
    「そろそろ、あなたを、おじいちゃんに会わせたいわ」
    と言ったことから、ジャネットは、お母さん方のおじいちゃんのところに行くことになります。

    母親から聞いていた話では、とても楽しそうだったので、期待をしながら。
    でも、待っていた現実は、古ぼけた家と荒れ果てた庭、壊れかけた小屋や柵でした。家畜やペットからも歓迎されているようには思えないジャネットは、失望するのですが・・・。

    ここのおじいさんは、こだわりがなく、物事をそのままに受け入れるユーモアのある人です。おじいさんの法螺話に魅了されたジャネットは、おじいさんとの距離を次第に縮めていきます。一緒に過ごすうちに、最終的には、おじいさんの物言いを真似して、言い負かすまでになるのです。そして、おじいさんは、そんな孫娘のことを嬉しく思うのです。

    淡々とした筋運びですが、読んでいて心温まる作品です。

    「おまえが、なにもしてやらなくても」「そいつは、ただおまえがすきなんだ」

    と言うおじいさんの言葉が心に沁みます。詳しい事情は一切語られませんが、これは一種の癒しのストーリーであるのかも知れません。
    ありふれた帰郷物語のようでいて、どこにもない理想を描いたようにも思えます。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原文重視?

    同じ作者、同じ絵で、訳者が違う。
    こんなかたちで絵本を読んだことがないのですが。
    作家も絵かきも同じであれば、残りは訳者しだいだと感じました。
    「家」が「ところ」に変わり、「流星号」が「星のきらめき」に変わり、その他にもネーミングの上で、作者らしさを出しているように思いました。
    絵もストーリーも同じ人物なだけに、訳者勝負だと思います。
    ところで『おじいさんの家』では、スズメバチだったのがただのハチとなっています。
    この違いは大きいように思うのですが。
    ちなみに『おじいさんのはモニカ』では、マルハナバチとなっているようです。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきな きが ほしい / こりゃ まてまて

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット