だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

月夜のバス」 みんなの声

月夜のバス 作:杉 みき子
絵:黒井 健
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年10月
ISBN:9784030163607
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろんなものが

    月夜の晩に、少年がみかけたバスは……。
    響きの美しい文章に、幻想的な絵にひきこまれました。
    潮のにおい、月の光、バスの走る音、絵本からいろんなものが伝わってきました。こんなきれいな月夜なら、おこりえそうな気がする幻想的なファンタジーでした。

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供でも神秘的ってわかるものです。

    • 宙母さん
    • 40代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子6歳

    息子が4歳ごろ、大好きで、何回も読んだ本の一冊です。

    バスのお話は他にもありますが、何回も読んでと言ったのはこの作品が一番だと思います。

    文章の響きがとても美しく、読み聞かせると空気がぴんとする感じ。

    薄いブルーグレー、夕闇のほの寂しさ、不思議な体験、まぼろし。

    確かに、言葉まわし、内容ともに子供向き(?)には書かれていませんが、この神秘的な雰囲気は他にはないと思います。

    息子も何か感じて、この作品が好きだったのだと思います。

    難しそうだからと敬遠せずに、ぜひお子さんに読んでいただきたいと思います。

    美しいものは、小さな子供でもわかります。

    掲載日:2008/09/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夢の中にいるよう

    幻想的で、夢の中にいるような気持ちになれる絵本です。
    小さなお子さん向けではないかと思いますが、
    子どもの頃に読んでも、きっと印象に残る絵本になったと思います。
    絵はもちろん、文章が素晴らしいです。
    雨の日や眠る前、ひとりの時間に、ゆったり読みたい絵本です。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 満月の海辺

     満月の夜、海辺のそばの道路を歩いている男の子。
     とおりすぎるバスにのっていたのは、、、。

     月夜の幻想的な絵に、ひきこまれます。
     あのバスは、まぼろしだったのか、ほんとうだったのか。
     満月の夜は不思議なことがおこりそうな、美しい絵本でした。

     詩のような文章も、よかったです。波音が聞こえてきそうでした。

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海辺の不思議空間

    夜の海辺の国道。
    一人歩いている少年。
    不思議な光景の中に、様々な幻影が重ねられていきます。
    非日常でありながら、どこかに不思議な懐かしさを感じてしまいます。
    潮風、町灯り、やってきたバスには魚たちが乗っていて、水槽の中の海の世界。
    話の不思議さを黒井さんの絵が見事なファンタジーに仕上げています。
    なんだか説得力のある絵本でした。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的な世界へ

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    夜の国道を、男の子が一人で歩いています。
    車の通りもあまり多くなく、月夜に照らされた道路、そして車が通るとライトの光の帯…
    そこへ、バスが一台通ります。でも男の子は、乗りません。目の前を通るバス、そこに男の子の見たものは…

    こんな時間に男の子がひとりで、どこへ向かっているのでしょう。きっと、家に帰るところでしょう。でも、どこに出かけていたのでしょうか?それとも、どこかに出かけるところ?
    バスに乗っていたのは誰?男の子が目にしたのは、見えたもの?それとも感じたもの?
    何をとっても不思議で、何ひとつ事実がわからなくて、ただただ、幻想的な世界を味わうことができました。色遣いが、また、その世界を高めているようでした。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な感覚になりました。

    これはどちらかと言うと大人向きだな〜と思います。
    バスが好きな息子も見るかな〜、一風変わった感じでおもしろそう、と図書館で借りてきました。
    息子はあまり食いついてきませんでしたが,母である私はこの幻想的な世界を堪能しました。
    まったくの夢でない(日本海沿岸が舞台)、でも不思議…そんな月夜の出来事です。

    掲載日:2007/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット