うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

おててはぴかぴか」 みんなの声

おててはぴかぴか 作・絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2002年09月
ISBN:9784061938267
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,513
みんなの声 総数 12
「おててはぴかぴか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こんな風に考えたことがなかった!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘が図書館から借りてきました。

    お外から帰って来ると「手を洗いなさい!」というのは
    我が家でもよく言っていることの一つですが、
    この絵本の主人公のように、
    手の汚れ一つ一つに、今日の楽しかった思い出がいっぱい
    つまってるいると、考えたことがありませんでした。

    なんて新しい視線なんだろう!

    娘に、「リヤの手の汚れにも、
    いっぱい思い出がつまってるの?」と聞くと、
    「うん!」と即答の娘。

    ずっとそのまま汚れた手でも困るけど、
    でもこれからは手を洗う前に、
    「この手の汚れは?」と、
    ちょっと思い出をこちらから聞いてみるのも、
    いいかなぁと思った一冊でした。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今日の遊び

     子どもが、外でいっぱい遊んで帰ってきたら、すぐに
     「手をあらいない」って言ってしまいます。
     でも、手には今日遊んだことが、いっぱい残っているんですね。

     手についているもの、ひとつひとつ教えてくれる男の子が、ほほえましいなと思いました。
     ちょうをつかまえたこと、はっぱをしぼったこと、、、いろいろなことが、楽しい経験ですね。

     手をあらってぴかぴかになっても、思い出はしっかりのこっています。
    やさしい色あいで、いきいきと描かれた男の子がおもしろかったです。

    掲載日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい!

    内容がとってもとっても素晴らしい絵本です!!
    男の子が、お外で遊んで帰ってきて、手を洗うのですが、
    その時に、手の汚れをひとつひとつ思い出すんです。
    ひとつひとつの汚れに意味があり、素敵な思い出に
    なってるのですが、その内容に、感動してしまいました!
    大切な思い出だからこそ、ゆっくりゆっくり洗うんです♪
    娘が手を洗うときにも、そのことを伝えてあげたいなと
    思いました!!
    かなりおすすめの絵本です!!

    掲載日:2012/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手のひらに“今日の楽しい体験”が・・・

     外から帰って、手を洗う事を促される男の子の「でもね ちょっと まってよ。」から始まるお話です。

     どろどろでべたべたの汚い手のひらにもたくさんの“今日の楽しい体験”がありました。
     黄色いしみは随分遠くまで追いかけたちょうちょのこな。
     茶色いしみは泥団子をつくったあと。
     緑色は葉っぱの汁でジュースを作った時についたもの。
     と、いとおしそうに手を見つめ、今日の喜びの成果を両親に語る誇らしげな男の子が可愛らしい。

     我が家では、息子のポケットの中にその日の楽しい体験の名残がありましたねぇ〜。
     小石に松ぼっくり、アイスクリームの棒に、時には団子虫(笑)まで。
     「今日もたくさん遊んだね。」と息子に言いながら、全ての体験がこの子を作っていくんだな〜って思いながら洗濯機をまわしていましたっけ。
     今や会話も少なくなってしまい、“今日の楽しい体験”も聞けませんし名残も見当たりません(笑)。

     幼いお子さんのいらっしゃるご家庭は、まだまだ楽しめますねぇ〜。

    掲載日:2011/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっぽくん

    主人公いっぽくんの絵本を以前にも読んだ事があって楽しかったのでこの絵本を選びました。いっぽくんは考え方がとてもロマンティックで素晴らしいなと思いました。手を洗うという一つの何気ない動作でさえも素晴らしい行為に変えてしまうのはあっぱれでした。主人公のような素敵な考えを私は今まで生きてきて思いついた事もありませんでした。これからは手を洗うという行為もとても楽しい物になると思いました。娘が色々な物を触ったりして色々な色が付いている時はいつもこの主人公の子と思いだすと思います。衝撃的な素晴らしいアイデアに驚き私も真似したくなる絵本でした。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜだか、納得してしまう!

    今日一日の楽しかった出来事を、一つずつ思い出しながら、ゆっくり、ゆっくり手を洗う。子供って凄い事を思うんだと感心してしまいます。
    ゆっくり、ゆっくり流しながら楽しかったことを一つずつ心に閉まっていくんだと主人公の言葉に納得してしまいました。
    主人公の前向きで精一杯子供ながらに生きているんだと思いました。
    お父さん、おかあさんも子供の言葉をゆっくり聞いてあげる姿勢がとてもいいです。主人公の思いをしっかりと受け止めていると思いました。温かい家庭を思いました。自慢げな主人公が自信を持って誇らしげに
    「おてては ぴかぴか」が、とてもよかったです。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 汚れたおてての中には思い出がいっぱい

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳

    『外から帰ってきたら手を洗う。そんなことは、わかってる。』
    そこから繰り広げられる今日の思い出が、ほんわりと暖かく語られていきます。

    『ゆっくりゆっくり洗いながら、今日の楽しかったことをひとつずつ思い出すんだよ。』
    『ゆっくりゆっくり流しながら、楽しかったことをひとつずつ心にしまっていくんだよ。』
    この言葉を思い出しながら、子供の汚れた手や顔をゆっくりゆっくり拭いていると、今日は○○したね、楽しかったね、と語りかけたくなります。

    手を洗う子供の習慣づけにはもちろんですが、泥んこになった子供を「こんなに汚して」とうんざりしてしまう方にはぜひ読んでいただきたい絵本です。
    きっと、1日の遊びの終わりがとても楽しいものとなりますよ。

    掲載日:2007/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心にぐっと・・・・!

    • た〜ちさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子0歳

    「てをよくみてみてよ」
    「きょうのたのしかったことがぜんぶんのこっているんだよ」
    って言葉が、私の心にすごく響いた。
    もし、自分のこどもがこんな言葉を発したら、抱きしめたい。
    すごく素敵な気持ちだと思う。

    たのしかったことがのこってる手を洗いたくないではなく、
    「いそいじゃだめなんだよ」ってところがまたいい!
    たのしかったことを思い出しながら、心にしまっていく。

    自分のこどもに絶対読み聞かせたい!

    掲載日:2006/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊んだ勲章!?

    • イモキチさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳2ヶ月

    お外から帰ってきたら手を洗う。
    そんなことは判ってる。
    どろどろで べたべたの きたないて。
    でも、この手には今日楽しかったことが
    いっぱい残っています。

    例えば、お花の中を調べたら手にオレンジの粉がついたり、
    土でお団子を作ったので、茶色がついたり。
    魔法の石で地面に絵を書いたので、白い粉がついたり。

    色んな遊びをしたからこそ、
    沢山の色の汚れがついてしまった。
    それだけ、楽しかったって事なんですよね。

    手を洗いましょうと言うような躾絵本が多い中、
    この本はちょっと視点が違い、斬新でした。

    息子にも、この本から、お外遊びの楽しさを
    知って欲しいなと思いました。

    1歳位から、楽しく読める絵本だと思います。

    掲載日:2006/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 汚れたおててには

    はじめのいっぽと題してある男の子が主人公の絵本シリーズ
    です。いとう ひろしさんのちょっと斜めからみたような
    お話が特徴のシリーズなんですが、この「おてては
    ぴかぴか」はストレートな作品で、内容も一番素敵だな
    と感じました。
    どろどろでべたべたの汚い手には、今日の楽しかった
    思い出がつまってるんですね。手を洗うときには、その
    思い出をひとつずつ心にしまっていくなんて、本当に
    いいなぁと思いました。


    掲載日:2005/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット