なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

バナーテイル」 みんなの声

バナーテイル 作・絵:アーネスト・トムソン・シートン
訳:今泉 吉晴
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784834021967
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「バナーテイル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とても読みやすい全訳

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    子供の頃『シートン動物記』を何冊か読んだことをふと思い出し、今5歳の息子にもいずれは読んでほしいと思って、最近の訳本を探しました。

    この本はシートン自身が書いた絵が挿絵に使われている全訳だそうです。解説を読んで、私が子供の頃に読んだのは日本での出版用に書かれた絵だったと初めて気づいたのですが、シートンがこんなに繊細な絵を描く人だったとはとても意外でした。

    この巻はリスが主人公です。内容は母親を失ったリスが猫のお乳で育ち、森に戻って本能に従って生きるというものです。大人になって読みなおしてみて、いかに本能が生き物の生き方を決めているかに改めて気づきました。人間もそうかもしれませんね。

    童心社から出ている同訳者の訳本と読み比べたのですが、こちらの方が読みやすかったです。大人が読んでも読み応えがありますが、難しい漢字にはルビがふってあり、小学校中学年くらいの子供なら読めると思いました。絶版なのが残念です。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット