庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

スミレとアリ」 みんなの声

スミレとアリ 作:ネイチャー・プロ編集室
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784034143209
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 2年生におすすめ

    国語で「たんぽぽのちえ」を学習する
    2年生におすすめの一冊です。

    たんぽぽのように
    あちらこちらに咲いているスミレ。
    なぜなのか?

    とてもきれいな写真と分かりやすい文章で
    知ることができます。

    たんぽぽが知恵を働かせて、
    新しい仲間を増やしていることを学んだ子たちに読み聞かせると
    興味を持って聞いていました。

    私も初めて読んだときに、
    (そうだったんだ!知らなかった!)
    という新鮮な驚きがありました。
    見過ごしている自然の不思議を知ることができました。

    この本は
    「花のたね・木の実のちえシリーズ」の中の1冊です。
    他の
    『タンポポのわたげ』
    『モミジのつばさ』
    『ドングリとリス』
    『オナモミのとげ』
    もおすすめです。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の不思議

    娘は今2年生なんですが
    矢間芳子さんの「すみれとあり」を国語の教科書で学習しています。
    かがく絵本が大好きな私はどうにか娘の興味関心がひろがっていかないかと
    検索したら、
    この『花のたね 木の実のちえ』シリーズに行き当たり
    早速借りてきました。
    まずは学習している「スミレとアリ」から。
    教科書と同じ内容が載っているのはもちろん
    さらに詳しく書かれていて食いつくように眺めていました。
    私じしんも花びらの下の部分にはハニーガイドというものがあって
    昆虫を蜜に導くところがあるというのを初めて知ったりして
    とても参考になりました。

    掲載日:2010/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな世界でも・・・

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    『花のたね・木の実のちえ』シリーズ 第2弾。
    かわいい紫の小さな花=スミレも子孫を増やすために、
    いろいろな工夫をしていました。
    驚いたのはあの小さな種にアリをおびき寄せるために、
    ”ごちそう”がついているという事。
    いままでにスミレの種を見た事あるけど・・・
    「そんなものついていたっけ?」と子ども達と話題になりました。
    もう、スミレのシーズンは終わってしまったので、
    次回、詳しく「種」観察をしてみたいです。

    掲載日:2008/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット