ちがうちがう ちがうちがう ちがうちがうの試し読みができます!
作: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
「なんの音!?」「おばけの音!?」ちがう、ちがう。あれはね…

ピノッキオのぼうけん」 みんなの声

ピノッキオのぼうけん 作:カルロ・コルローディ
絵:臼井郁
訳:安藤美紀夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,100+税
発行日:1980年04月
ISBN:9784834002447
評価スコア 4
評価ランキング 23,444
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもの成長過程と同じ

    名作を子どもと読む時期ってとても難しいのですが、冒険もの好きな子どもなので読んでみました。

    安藤さんの訳がとても読みやすくて、イタリア人の饒舌な語り口がよく出ているなあと思いました。

    子どもの頃に読んだのは抄訳だったので、こんな場面もあったんだと一部新鮮なところもありました。

    何度も同じ失敗を繰り返して忠告も受けひどい目にも遭うのに、誘惑に勝てないピノッキオ。

    子どもの成長過程と同じだなあと思いました。

    それだけに子どもは親近感を抱けるんでしょうね。

    「ぼうけん」とありますが、改めて壮大な冒険だなあと思います。

    読み聞かせ用にも向いていると思います。こんな本を学校の先生が毎日読んでくれたらきっと記憶に残りそうです。

    古典と呼ばれる名作にはやはり力がありますね。

    この福音館書店のシリーズ、少しずつすべて読んでいけたらいいなあと思っています。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット