もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ロビンソン・クルーソー」 みんなの声

ロビンソン・クルーソー 作:ダニエル・デフォー
絵:ベルナール・ピカール
訳:坂井晴彦
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,100+税
発行日:1980年01月
ISBN:9784834004472
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一人ぼっちでかわいそう

    一人ぼっちでむ人島に流されたからかわいそうだと思いました。

    人食いのばん人が来るところがこわいと思いました。

    麦を作ったりほしぶどうを作ったり、いろいろなことを考えて生活するからすごいと思いました。

    ロビンソンはいつ帰れるんだろうと思いました。

    ぼくがむ人島へ行ったら一人でくらせるかなあと思いました。

    さいごはよかったなあと思いました。

    掲載日:2010/09/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 新しい発見

    『二年間の休暇』を読んでいる時に少年たちが愛読していた本として『ロビンソン・クルーソー』が出て来ました。

    息子が興味を示し「読んでほしい」と言って借りて来ました。

    『二年間の休暇』同様にページ数が多く夏休み中には読み終わりませんでした。

    ロビンソン・クルーソー、放蕩息子というわけではないのですが、無軌道な生活を送っていたんですね。

    『二年間の休暇』の方の少年たちの方が後からできた作品ということもあり、ロビンソンよりも年が若いのに、しっかりとしているという印象を持ちました。

    子どもの頃にも読んだはずですが、抄訳だったこともあるのか、こんな風だったのかな?という場面もありました。

    人食い蛮人が出てくるところの描写が怖かったです。

    ロビンソンが自分の生活を悔い改めて、聖書を糧に生きて行くところが印象に残りました。

    一人ぼっちで生きて行くには、やはり精神的な支柱となるものが必要となるんですね。

    読んでいるとロビンソンの生きた時代の価値観やイギリスから見た他の国のことなども窺い知ることができて興味深かったです。

    子ども共に昔読んだ名作をこうして読みかえすと新しい発見があります。

    これからもこの古典名作シリーズを息子に読み聞かせしていきたいなあと思っています。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット