だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

のねずみチッチ」 みんなの声

のねずみチッチ 作・絵:ふくざわ ゆみこ
出版社:のら書店
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784931129283
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,464
みんなの声 総数 21
「のねずみチッチ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 仲間外れ・・・?

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    のねずみのチッチはある日目が覚めると三つ子のおねえちゃんがいません・・・
    それから行くところ、行くところ「おそとであそんでおいで」と追い立てられてしまいます
    ちょっぴり悲しい思いにふけっていると・・・
    お話はよくあるパターンかなと思いますが、作者の丁寧なイラストと実写に近い草花の絵に、目を奪われますこの絵本を手にした1歳児のお母さんが、感動してました
    森の全体を描いた場面はそのまま飾っておきたい素晴らしい絵だと思います

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • ゆくざわゆみこさん

    私自身がふくざわゆみこさんの作品が大好きなのでこの絵本を選びました。今回の新作も素敵でした。私も皆にこんな風にされたらちょっと滅入ってしまいたくなるかもしれません。でもそれにはちゃんと訳があったのですね。こんな素敵な誕生日を迎えたいものです。主人公は大切に思ってくれている人たちの囲まれて本当に幸せだなと思いました。主人公への愛情がそれぞれのプレゼントに込められていてとても素敵でした。幸せが流れるラストシーンに思わず涙が浮かびました。

    掲載日:2008/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいい絵が好きです

    ある日、チッチは誰からも相手にしてもらえなくてプンプン!
    でも、その理由は・・・。

    チッチの家族と森の仲間たちの優しさがあふれる、こころ温まるお話です。
    でも、誕生日の準備はもっと早く済ませておいて、特別な日だからこそチッチがひとりぼっちにならずに朝から楽しく過ごせるようにしてあげてほしかったなぁという気もします。

    かわいい絵が細部までこまかく描かれていますので、ゆっくり読んでほしい幼児向けの一冊です。

    掲載日:2008/06/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵なイラスト

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳

    ある日目覚めると、
    のねずみのチッチのことを誰も相手をしてくれません。
    会う人会う人みんなに、
    「ちっちゃなチッチはおそとであそんでおいで」と言われてしまいます。
    実はみんなある準備をしていたのですが・・・

    とあるアニメと同じ展開だったので、想像できてしまったようでした。

    いつまでも見ていたいほど素敵なイラストでした。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなに愛されて。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    娘が大好きなふくざわゆみこさんの絵本。
    優しい絵に、可愛らしい動物たちが素敵。
    細部まで細かく描き込まれた絵は、優しさにあふれています。
    動物たちも、かわいい。
    ねずみにはりねずみ、もぐらと、小さな動物たちが活躍します。

    ねずみ一家の末っ子チッチは、遊びに出かけると、
    みんな忙しそうにしていて、相手にしてくれません。

    ぷんぷんしながら、村のはずれのおかに登り、
    空を見上げてひっくりかえりました。
    そこへ、モグラさんが顔を出して・・・

    家族や村の動物たちの心のこもった誕生日プレゼント。
    チッチには内緒で、プレゼントの準備をしていたんですね。

    家族のみならず、村に住むみんなにお祝いをしてもらったチッチ。
    いいですね〜。
    プレゼントには、それぞれの愛情が込められていて、
    どれも素敵なものばかりです。
    村のみんながチッチのことをとっても大切に思っていることがわかります。

    そうそう、もらったプレゼントは、そばに置いて寝るんですよね。
    必ず(^^)

    楽しい夢、見てるかな。

    前半は、なんで?って展開ですが、
    本当はみんなから愛されてるってこと、気付いたかな。

    野に咲く草花も見てください。
    私が好きな理由のひとつです。

    掲載日:2014/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子でファンに

    小学1年生の教科書にお勧め絵本で紹介されていたので、図書館で借りてみました。

    とてもかわいいく、ぼうしやさんやかばんやさんなどお店が出てくるのですが、店内の様子も細かく描かれていて、そのページを見ているだけでもあきません。
    ストーリーもありふれてはいますが、安心して読めます。

    今回初めてこのシリーズを読みましたが、親子でファンになってしまいました。
    お誕生日プレゼントにもおすすめです。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いチッチ

    以前のねずみチッチのシリーズを読んで、その可愛い絵とストーリーにひかれて今回は1冊目を借りてきました。

    友達に遊んでもらえず、ちょっと怒り気味のチッチ。でもそれはみんなでチッチのお誕生日をお祝いするためだったのです。こんなにたくさんの友達、家族に愛されてチッチってなんて幸せ者。読んだ後あったかい気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2013/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • サプライズ

    このお話は最後どんでん返しのストーリーだったので、子供はドキドキでした。一人ぼっちでチッチがいるときには「みんなはなんていじわるなんだ!!懲らしめてやる!!」って言っていました。最後結末が分かった時には「な〜んだ」って言ってほっとしていました。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい。

    ふくざわゆみこさんの絵がとても好きです。

    チッチは今日はあさから相手にしてもらえません。
    なにかしいようとすると、みんな「だめだめ」といいます。
    そして、しょんぼりしてるところに、もぐらが迎えに来て・・・。
    今日はチッチの誕生日だったのです。

    チッチがプンプンしながら村はずれのおかにのぼるのですが、そのページの絵が素敵で、雲がいっぱいだけど、気持ち良さそうなのが表れてます。風が吹いていて心地いいんだろうなぁと推測してしまいます。

    お話もかわいらしいし、絵もかわいらしいので、私は好きです。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怒ってばかりのチッチだけど…

    主役のチッチは、今日に限ってみんなに相手にしてもらえず、プンプンしています。
    お父さんやお母さん達にも、ご近所達のお店に行っても。
    プンプンしている場面が、繰り返し表現になるのが息子には面白いようです。
    そんなチッチを穴から出てきたモグラが迎えに来ます。地面の中から自分を呼びに来るんですから、子供は読んでいて楽しそうです。
    そして、チッチが連れて行かれた場所は…。
    ビックリ!今日は、チッチの誕生日!
    でも、当の本人は、全く自分の誕生日を忘れていて。みんながこっそり、誕生日パーティーの準備をしていた事を知ったチッチはとっても嬉しそう。
    やっぱり、子供って誕生日ネタの絵本は大好きなようです。
    最後のページにはチッチのベッド周辺に、貰ったプレゼントが置かれているところもとっても可愛いと思います。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット