だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

オズの魔法使い」 みんなの声

オズの魔法使い 作:ライマン・フランク・ボーム
絵:ウィリアム・W・デンスロウ
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,500+税
発行日:1990年06月
ISBN:9784834010428
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,803
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんなに長い本だとしらなかったです

    前に絵本で読みました。

    こんなに長い本だとしらなかったです。
    毎日読んでもらいました。

    ドロシーのたびが長かったことがわかりました。

    いろいろなことがおこるからドキドキしました。

    とてもおもしろかったです。

    また読みたいです。

    掲載日:2010/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しかったです

    息子が幼年童話から長めの読み物に移行する時期です。相変わらず読み聞かせをしているのですが、この本ばどうかと勧めていただきました。

    息子が好きなミス・ビアンカシリーズの訳と同じ渡辺茂男さん訳です。

    渡辺さんの訳は読みやすく、300ページを超えている本にも関わらず最後まで飽きることなく読み進めていけました。

    このお話はもう古典の部類に入るんですね。

    私も子どもの頃に抄訳で読みました。息子に読み聞かせしながらこんなお話だったんだあと思い返したり、こんなところあったかなと思いながら読んでとても楽しかったです。

    このぐらいのお話も読み聞かせできることがわかったので、岩波の古典シリーズ、読んでいきたいです。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何度も何度も読みました

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道

    子どもが幼稚園年長の時に読んであげました。

    「6歳の子にはこの物語は長過ぎるだろうか?」と最初は心配でしたが
    毎晩少しずつ読んでいるうちに、子どもも私も、どんどんオズの世界に引き込まれていきました。
    ある日ついに最後のページを読み終え本を閉じた時の満足感といったら!!

    子どもはもちろんですが、私自身も原作本をちゃんと読んだのは初めてでした。

    ドロシーとその仲間たちの冒険は、
    子どもにとってはドキドキハラハラわくわくの連続で、とても面白かったようですし、
    大人の私にとっては、ドロシーたちの冒険を
    我が子がこれから歩んでいく人生に勝手に置き換えて、読んであげながら密かにジーンとしたり・・・
    親も子も目一杯オズワールドを楽しめました。

    1度読み終わった後、「もう一回読んで〜♪」ということで
    結局連続で3周り、読み聞かせました。
    1冊読むのに数週間かかったので、×3で、親子で随分長いことオズワールドに浸っていたことになります。

    その後も思い出したように「また読んでね♪」とこの本を持ってきます。
    そうすると、また数週間かけて読み聞かせます。
    (1章の長さが1回読む分としてちょうど良いので、長いけれども読み聞かせはしやすいように感じます。)

    岩波少年文庫の「オズの魔法使い」も持っていますが
    おうちで読むのなら、断然福音館古典童話シリーズのものをお薦めします。
    どちらも挿絵はデンスロウですが、
    福音館古典童話シリーズの方がはるかに挿絵数が多く、しかもカラーなので美しいです。子どもも、読んでもらいながら時々本を覗きこみ、挿絵に見とれていました。
    それに、毎回箱から取り出して、ずっしりとした本を開くと
    「本を読む幸福感」が増すような気がするのは私だけでしょうか。

    とはいえ、学校の朝読に持って行きたい!というような場合は
    やはり岩波少年文庫は良いですね。

    そんなわけで我が家の本棚には、
    福音館古典童話シリーズの「オズの魔法使い」と
    岩波少年文庫の「オズの魔法使い」が
    本棚に仲良く並んでいます。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい

    昔テレビで毎週(?)みてた記憶があります。

    その時はちょっとこわいイメージがありました。

    何でこわいのか、そこは覚えてませんが、

    そういう記憶があったので避けてました。

    子供には難しいかもと思いましたが

    名作アニメ絵本シリーズの

    オズの魔法使を読んであげました。

    ちょっとポカンとしてましたが

    また読んであげたいと読んでる私が思いました。

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット