ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

世界の名作(5) シンドバッドの冒険 」 みんなの声

世界の名作(5) シンドバッドの冒険 作:阪田寛夫
絵:三好碩也
出版社:世界文化社
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年05月20日
ISBN:9784418018079
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「世界の名作(5) シンドバッドの冒険 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ディズニーシーの「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」が気に入り「シンドバッドの本が読みたい!」と言い出したうちの子。
    それなら、と6歳児でも理解できる簡単な本を探した結果こちらを見つけました。

    まだ一人で読むには難しかったようですが、ねるまえの読み聞かせにはピッタリ。奇想天外なシンドバッドの冒険を親子で楽しめました。
    空想する隙を残してくれているイラストも良かったです。

    ラストの解説は大人向けですが知らないことばかりで面白かったです。

    掲載日:2014/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長いけど一気に読みたい!

    世界文化社の世界の名作シリーズの1冊です。
    シンドバッドの冒険は、アラビアンナイト(千一夜物語)と呼ばれるアラビア民話集の1つのお話で、
    「アリババと40人の盗賊」や「アラジンと魔法のランプ」などと同じように有名なお話。

    でもこのシンドバッドの冒険、他以上にめっちゃ長いです。
    シンドバッドは7回も航海にでていて、
    その航海の物語ぜんぶが1冊の本になっているのですから〜。

    だから何度かにわけてと思っていたのですが、
    面白すぎて、途中でやめられないのです。
    聞いている息子もそうでした。
    親子で次の航海はどんなふうになるんだろう?って、
    ついつい気になってしまいました♪
    これぞアラブの魔法でしょうかあ(笑)

    最後に掲載されている「解説」もまた色々な発見があって面白かったです♪

    掲載日:2008/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット