おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

リスとお月さま」 みんなの声

リスとお月さま 作・絵:ゼバスティアン・メッシェンモーザー
訳:松永美穂
出版社:コンセル
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784907738464
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,537
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 可愛い過ぎるキャラクター!

    リスはびっくりして目をさましました。
    お月さまがリスのいえにおっこちてきたからです…

    とにかく面白い&可愛い!
    思い込みが激しく想像力豊かでおばかさんなリス。
    ボーっとしていて人のよいハリネズミ。
    マイペースだがあわてんぼのヤギ。
    登場するキャラクターはみな人間味(?)があって魅力的。

    間に挟まれるリスの想像シーンがまた妙にリアルで笑いを誘う。
    低年齢の子にはわかりにくい構成かもしれないので、小学校中学年くらいから。

    鉛筆画の細い画面の中、のっぺりした黄色の「お月さま」が良く映えて印象深い。
    とぼけた内容に合った名訳。

    見返しから裏見返しまで話がつながっているので、見逃しのないように。

    掲載日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 全世界で絶賛されそう!!

    おはなし会が始まる前に

    「これ、知ってた?
    『月』のコーナーにあったんだけど
    これ、この牢屋のシーンなんか、最高!!」

    と、先輩が持ってきて
    なにこのデッサンのすごさ!!
    鉛筆画?でいいんでしょうか?
    りす、はりねずみ、やぎ、蜂、ねずみ・・・
    みんなリアルな描写なんだけど
    ユニークで
    映画?アニメ?見たいるみたい

    と、おはなし会終わってから
    家でゆっくり読もう!と
    借りてきました

    も〜、おかしくって
    笑っちゃった
    何回読み直しても、おもしろいです

    シンプルなんです
    牢屋のシーンは、リスの想像なんですが
    ほんと、おかしい
    囚人?さんが刺繍!?してるし
    牢屋の中での様子も
    トイレがサイズに合わせて増えていたり
    ちゃんと囚人服着てるし
    こらこら、やぎさんったら
    とか(笑

    まっ黄色のお月様!と
    リスが思っているのは、実は・・・

    とにかく、おもしろい
    月の満ち欠けについても
    なるほど!
    訳し方も、上手なのかな?

    外国絵本でも、すんなり
    受け入れられます

    おもしろいなぁ・・・
    素敵だなぁ・・・
    ほしいなぁ・・・(笑

    掲載日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 泥棒と一緒に牢屋に入っているリスの表情の

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    何とまあ可愛らしい事。牢屋の中には犯人用とリス用のトイレがちゃんと一つずつあります。しかしこの犯人、何をしているかと思ったら、刺繍…ですか…?鉛筆で描かれた絵が繊細で素敵。結局これはお月様ではなく何だったの?チーズ?面白い。笑

    掲載日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 鉛筆でデッサンしたような白黒ベースの絵に、色はお月様の黄色、とてもシンプルな絵で、一見、大人っぽいので、8歳の娘には分かりにくいかな?と思いきや・・・、そんな心配はどこえやらで、何度も読み返すくらい、気に入って読んでいました。

    リスがお月様どろぼうと間違われやしないかと焦っている現実の場面と、もしどろぼうと間違われて捕まって牢屋にはいることになったら。。。と想像する場面が交互に出てくるのですが、これが、おもしろい!

    一緒に牢屋に入っている想像上のおじさんの様が毎回変わったり、牢屋内の備品が微妙に変わっていたりと、シンプルで大人っぽい絵の中に、ユニークな話の内容、展開に、親子で楽しめました!おしゃれなだけじゃなくて、内容も楽しめる絵本、いうことなしです!!

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛すべき妄想絵本

    何年か前に「はじめての雪」を読んでいて、最近「お月さま」に出会ってすぐ「あのシリーズだ」とわかりました。当時小2だった娘も「はじめての雪」を覚えていました。

    これはまた……!
    クスッでは終わらない、ワハハレベルの面白さ。
    大真面目なデザイン画で、このリスの表情。それだけで面白いのに、この愛すべき妄想。
    ヤギの角が木に刺さった、あの無言を感じさせるページ。
    たまりません。面白すぎて、お風呂から上がってまだ着替えもしていない娘に、見て見て見てーと紹介しました。
    (着替えてから)読んだ娘も、クスックスッと笑いながら読了。
    独房のシーンの真意などわからないでしょうが「誰やねん、このオッサン」と突っ込み、勝手にあだ名をつけて。面白かった様子。

    ヤングアダルト〜にオススメです。最近元気のないママ友などおられたら、そっと差し出してはいかがでしょう。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 想像力、たっぷり

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     なんて面白くて、夢のある絵本なんだろう
    チーズ>黄色で丸い>お月さま>玄関先にお月さま>
    お月さまどろぼう>牢屋に入れられる=暗転瞑想・・・
    この想像を、エンドレスで廻らせる主人公リスくんを
    憎めない、そう憎めないのです
    ドタバタに巻き込まれるハリネズミとヤギくんも
    名脇役、ブラボーです!
     月の欠片を3人力を合わせて空に戻しちゃたりして
    リスくん家の玄関先の枝に3人で座って
    三日月お月さまを見上げるシーン・・・想像力たっぷり
    とても豊かな感情をさそう、いい絵本です
    感謝

    掲載日:2014/12/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • リスの妄想シーン

    『リスとはじめての雪』でこのリスとハリネズミとクマたちに出合ってから、私がハマってしまって、シリーズの他の絵本も探して読んでいます。
    こちらもまたリスの可愛い勘違いから、お話が進みます。途中、リスの妄想シーンでろうやに入ってしまう場面があるのですが、これがまた傑作。いろいろと想像してはニヤリです。
    絵がたくさんのことを語っているので、1ページ1ページゆっくりめくりながら、楽しむと良いと思います。はじめて読んだ時は、表紙の見返し部分を飛ばして読んでしまったのですが、ここでおつきさまの正体がちゃんと描かれていたんだ!とあとから気がついてビックリでした。

    掲載日:2014/02/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 数回読むと笑える

    2年生の9月の読み聞かせの絵本を探していて借りた本の一冊です。

    ある日、朝起きると、リスの家の前の木に大きくて黄色な丸いお月さまが落ちていました。
    どろぼうだと思われてろうやに入れられてしまうと思ったリスは、そのお月さまをどこかへやろうと考えます。
    ここからお話が展開して、ハリネズミ・ヤギ・ネズミが出てきます。
    お月さまはどうなるでしょうか?

    1回目を読んだ所では、「これは向かないな・・・」と感じました。
    とにかく絵がリアルすぎますしほんわかしたお話ではありません。
    が、2回目を読んだら、何と笑えました。
    良く見ると、どうしてリスの家にお月さまが落ちてきたのかが見開きから絵だけでお話は始まっていました。

    動物達が出てくる度に「どうしよう・・・」と、ろうやの絵。
    このろうやのモノクロが効いています。他のページもとてもシンプルな色使いで派手ではありません。

    一番びっくりしたのは、沢山のネズミの絵でした。ある意味気持ち悪い・・・。

    これは小学校高学年からなら分かると思います。

    掲載日:2013/09/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユーモアたっぷり

    • かよたさん
    • 30代
    • その他の方
    • 香川県

    ある朝、リスの家の前に落ちて来たお月さま。
    慌てたリスは、お月さまを空へ返そうとしますが…。

    絵もお話も全体的な雰囲気も、全部好き。
    ほのぼのとするようなお話ですが、それだけで終わらせないのがリスの空想シーン。
    ユーモアたっぷりのスパイスで、クスッと笑わせてくれます。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんな、つかまるなんて

     専門店に行ったらあるかもしれませんが、ふつうのスーパーではお月さまサイズの、「これ」はなかなか見かけませんね、、、。
     お月さまをとった罪でつかまってしまう。リスの想像力に笑ってしまいました。刑務所の中の様子を、よくわかっているのがなんだかほほえましいです。仲間たちも、みんなつかまってしまうのでしょうか、、、。
     空にもどったお月さまは、あしたから、どんどんおおきくなる三日月です。ほのぼの笑える終わり方がいいなと思いました。

     いきいきと描かれたモノクロの動物たちと、鮮やかな色のお月さまとのコントラストがおもしろいなと思いました。

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    1

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット