ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

だれかな」 みんなの声

だれかな 作・絵:桑原 伸之
出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
本体価格:\1,048+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784426875114
評価スコア 4
評価ランキング 18,977
みんなの声 総数 4
「だれかな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パズルも面白いね!

    大人の私には、わかりやすくて簡単すぎましたが、あかちゃんから読んであげるには、好奇心をそそっていいなあと思いました。パズルも面白いと思いました。パズルは、完成した時の達成感があってうれしくなります。
    動物当てっこは、やっぱり楽しいと思いました。

    掲載日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い

    1歳の娘に読みました。「だれかな?」というのが題材の本では、体の一部が見えていたり、鳴き声で当てたりするものが多いですが、これはパズル形式になっていて絵がちょっとずれているので面白いです。こういう風になっていると1歳の娘ではまだ分からないようです。動物当てでこういう楽しみ方もあるんだな、と新鮮でした。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「わかりすぎる」けど、面白そう。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    小さい子向けのお話会に使う本をいろいろ物色していて、うちの子どもたちに聞いてもらいました。
    幼稚園へあがる前の1〜4歳くらいの子どもたちが対象です。

    うちの子たちがいうには、「すっごくわかりすぎる!」でしたが、読んであげるお子どもたちの年が低い予定なので、
    「まぁ、いいんじゃん?」みたいに言われました。

    作りはすごく単純なパズル形式ですが、
    私はこの「わかりすぎるところ」が面白いと思いました。
    実際小さなお客様がどんな反応を示してくれるか、今から楽しみです。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのパズル

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    動物達の絵が描かれたパズルのような絵本です。
    最初は絵がずれていて、少しずつピースが定位置に移動して、最後にパズル完成!となっています。

    ぞうとパンダとぶたが出てくるのですが、娘はぞうさんが大好きなので、最初のページでぞうさん!と当てて喜んでいました。

    5歳の兄も横からのぞきこんで、それぞれのピースがどこに移動するか、手でなぞりながらパズルを楽しんでいました。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット