しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ふなのりシンドバッド」 みんなの声

ふなのりシンドバッド 作:杉山 亮
絵:なかの ひろたか
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年02月
ISBN:9784577024812
評価スコア 4
評価ランキング 19,699
みんなの声 総数 3
「ふなのりシンドバッド」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 文章がめいろに書かれている

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    4歳の子が「めいろ」に反応して図書館で持ってきました。正直娘にはまだ早いですね。小学生以上かと。
    めいろにふなのりシンドバットの文章が書かれているのに驚きました。こういったタイプのめいろは初めて見ました。
    娘はめいろ、それに付き合う私は文章を楽しみました。娘が大きくなったら両方が楽しめるのだろうなと思います。
    おはなしめいろはシリーズで他にも出ているようです。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 間違えるのもおもしろい

    題名のごとく、お話が迷路になっています。
    道を間違えると、話も違うし行き止まりになってしまいます。
    もともと知らない話だと、大変なだけですが、
    知っている話だと間違えたストーリーも楽しめます。
    9歳の姪は、はまった後、自分でお話迷路を方眼ノートに作っていました。

    掲載日:2008/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 間違っても楽しい!

    フレーベル館から出版されている「おはなしめいろせかいのたび」シリーズの1冊。
    迷路を進んでいくと、お話になっていくという子どもが喜びそうなタイプの絵本です。
    迷路が間違っても、また別のお話のようでそれも楽しいです^^;
    なので、子供はお話を知っていても、わざと迷路を間違えたりして楽しんでいます。
    それに最後の方では、ゴールが何か所かに分かれていて、
    どれを進んだら本当のゴールなのか…とそのあたりも楽しんでいました。
    子どもは喜ぶ1冊だと思います。

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット