ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語

ひるねのきらいなぶうくん」 みんなの声

ひるねのきらいなぶうくん 作:小沢正
絵:山下 勇三
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1978年
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,864
みんなの声 総数 3
「ひるねのきらいなぶうくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小学校にあったようです。

    小学1年生の娘が小学校にあったこの絵本を一人読みしてきました。
    一人読み初級段階の子供が苦なく一人で読める文章量の絵本で,またテンポのよい感じも楽しく読めると思いました。
    お昼寝の絵本なので,小さなお子さんへの読み聞かせならお昼寝前にぴったりですね!(笑)

    掲載日:2017/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 口に出すと「音」のリズムが面白そう。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    絵は山下勇三さんです。
    1978年発行。約40年前の絵本です。どこかの本を読んでいて、この本の言葉のリズムが面白いと書いてあったので、図書館で探してきました。
    確かに、黙読するより、口に出して読んだほうがその「音」の面白さを感じられそうな作品でした。
    積みあげ話風でテンポもよく、楽しいです。
    今度子どもたちに読んでみたいなと思いました。
    「お昼寝」がテーマなので、4歳から7歳くらいまでの未就学児のお子さんたちがよそうです。

    掲載日:2017/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度もリクエスト

    最近、小沢正の作品が気になって読んでいます。「おふろのきらいなぶうくん」を読みましたが、設定はよく似いています。

    お昼寝がきらいなぶうくんは、家から逃げ出して、公園で遊びます。公園のブランコは、お昼寝を邪魔されてぶうくんを飛ばします。飛んだ先は、おおかみの上でした。おおかみは怒ってぶうくんを追いかけます。

    ぶうくんは、友だちの家を次々に訪ねるのですが、みんなお昼寝中。お昼寝中なのでみんな寝言で返事をします。その返事が繰り返しなのですが、動物ごとに特徴があっておもしろかったです。

    息子はねこの家の布団が魚柄だったのがおもしろかったようです。スピード感がある文章で、「おふろのきらいなぶうくん」同様楽しめました。息子も気に入ったようで、何度もリクエストしてきました。

    ぶうくんが逃げ回る道がまるでメビウスの輪のようになっていて、逃げている様子が工夫されているなと思いました。

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット