しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

うさこちゃんとたれみみくん」 みんなの声

うさこちゃんとたれみみくん 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:まつおか きょうこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784834023176
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,199
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • うさこちゃんの勇気

    うさこちゃんのクラスにやってきた、転校生のダーンは、ミミが片方垂れていました。
    みんながたれみみくんと呼びます。
    うさこちゃんはそのことを、しっかりと考えてみます。
    そして、たれみみくんと呼ぶのをやめましょうと
    みんなに提案します。
    みんなはわかってくれました。
    勇気をだして、正しいとおもうことをみんなに言ったうさこちゃんは
    とてもえらいなと思います。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おはよう、だーん!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    クラスに一人でもうさこちゃんみたいな子がいたら、ダーンのような生徒は救われるでしょうね。誰だって身体的な特徴では呼ばれたくないですものね。数あるうさこちゃんシリーズの絵本の中でも、色々と考えさせられることが多い絵本ですね。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 呼び方

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    タイトルからたれみみくんというのが本名かと思っていたのですがだーんくんという名前なのですね。
    たしかに体の特徴をあだ名にされるのはいやかもしれません。
    うさこちゃんはいいこだなーと思いました。
    そして気遣うだけでなくみんなにしっかりと意見を言えるのもすごいです。
    みんなもたれみみくんという呼び方に悪意はなかったのでしょうが、やはり相手の立場になって考えるということは大切ですね。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • たれみみくん

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘に読みました。まだ娘にはちょっと難しかったように思いました。でも、もしお友達が嫌と思うことがあったらそれはしちゃだめだよ、ってことは伝わったと思います。勇気をもってみんなに提案したうさこちゃんはすごいな、と思いました。そしてそれを素直に聞いて行動を正したお友達みんなもすごいなと思いました。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやり

    カラフルな絵で、小さな子に人気のブルーナの絵本ですが、このお話は、大きくなった子・大人にも読んでもらいたい内容です。

    ある日やってきた転校生は、耳がたれていました。
    みんなは「たれみみくん」と呼びます。「だーん」という名前があるのに。
    うさこちゃんは、だーんの気持ちを考えて、クラスのみんなに「たれみみくん」と呼ぶことをやめるように言いました。

    人を思いやること
    誰かのために勇気を出して行動すること
    身体的特徴で判断しないこと

    大人でも、これら全てを心がけて行動することは、たやすいことではありません。

    小さな頃から、少しずつ教えていくには、ちょうどよい本かと思います。

    掲載日:2011/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙をみて・・・

    んっ?耳がたれてるうさぎ?と思って手にとりました。

    ミッフィというとみんな同じ顔で服の色が違う・・・

    というイメージがあったので気になって気になって。

    話の内容はちょっと大人っぽい感じかな?

    わたしは好きです。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなに読んでほしい

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    この本は障害について考える本です。

    うさこちゃんのクラスに転校してきた「たれみみくん」。
    彼には「ダーン」と言う名前があるのに、みんなはたれみみくんと呼びます。みみが片方垂れているからです。
    ある日うさこちゃんはダーンに聞きます。
    「たれみみくんって呼ばれるの嫌じゃない?」
    「いやだよ。でもぼく、なれてるから」
    うさこちゃんはお家に帰って考えます。
    そして翌朝早く学校に行き、ダーンが来ないうちにみんなに言います。
    「もうたれみみってよぶのはやめよう。きっと嫌だと思うよ」
    そう言ったところでダーンが来ました。
    みんなは「おはようダーン!」と言いました。

    人と違うところをあだ名にするのはよくありませんよね。この本を通して子供と障害について話をしたいなと思いました。

    掲載日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相手の気持ちを考えることは大事

    『うさこちゃん』が大好きな息子と一緒に読みました。

    息子にはまだ理解できなかったようで、ほとんど反応がなく、また繰り返し読むこともありませんでした。

    今で言う「いじめ」に繋がるような出来事の話です。うさこちゃんは良く考えて皆にそれを話して確かに立派です。早い段階で解決することは重要ですしね。でもちょっと問題を単純化しすぎていて、メッセージが直接的、具体的すぎて、かえって不安を覚えなくもありませんでした。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    うさこちゃんの本の中でも私が好きになった作品です。2歳の孫は分かっているような居ないような反応でした。「たれみみくん」、私は可愛い名前だな〜と思ってしまったのですが。昔は学校に行けばみんなそれぞれあだ名ってついていたものです。あだ名って親しみがこもっているものだと思うのですが。でも今の時代だと、やっぱり「いじめ」って意識の方が強くなっちゃうのかなぁと思いました。もう少し大きくなったらまた孫に読んであげたいと思いました。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさこちゃん

    1歳の娘に読みました。このお話は1歳の娘には難しかったと思いますが、読んで(出会えて)良かったな、と親の私自身は思います。うさこちゃんとみみがたれてるダーンとクラスメイトのお話。いまいじめ問題なんかが沢山あるので、こういう本に触れる機会は大切だと思いました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • どうぶつドドド
    どうぶつドドドの試し読みができます!
    どうぶつドドド
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    動物をたくさん置いてドミノ倒しをしよう!第22回日本絵本賞読者賞【山田養蜂場賞】受賞
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット