おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

わんわんにゃーにゃー」 みんなの声

わんわんにゃーにゃー 作・絵:長 新太
しあげ:和田 誠
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784834023466
評価スコア 3.87
評価ランキング 28,783
みんなの声 総数 14
「わんわんにゃーにゃー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • これはいけません

    4ヶ月の娘に読んでやりました。様々な音やオノマトペでつづった本を探していたのですが、この本はいけません。たしかに犬と猫の鳴き声でつづられているのですが、猫を犬が食べてしまい(正確には猫が犬の口の中に入っていく)、そして犬の鼻の穴から猫がでてくる。これを娘はどう捕らえたのかわかりませんが、これからいろいろなものを見せてあげようという矢先にこの絵はいけませんねー。思わず閉じちゃいました。分別がつくようになれば差し支えないのかもしれませんが、冗談にも笑えないと思いました。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 長 新太さんらしい

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    長 新太さん大好きです。
    この本も長さんらしく、意味不明で面白いです。ほえ合う犬と猫。その内、猫が犬の口の中に入ります。全身入ったと思ったら鼻の穴からにゅるっと出てきます。そしてさようならします。
    面白いです。短いので何度も読んであげれるのもいいです。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あー猫が!

    「わんわん」「にゃーにゃー」と繰り返し、犬と猫が寄って行きます。
    長新太さんの作品は、いつも思いもしない方向へお話が進みますが、今回も衝撃を受けるほどの内容でした。
    これは、きっと内容を知らずに読んだほうが、より衝撃的で面白いかと思うので、あえてあらすじは書きませんね。

    こちらの作品は、長さんの亡くなる前ラフスケッチの状態だったものに和田さんの仕上げの手が入って完成されたそうです。
    違和感も感じず、長さんの世界観が壊されることなく、楽しめました。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいです!!

    長新太さんの、不思議な世界観が、この絵本にも
    存分にあらわされています!!
    登場するのは、1匹の犬と、1匹の猫だけなんですが、
    その2匹が、おもしろいことになっていきます!!
    想像もしなかった結末に、やっぱり長さんはすごいな
    と感心させられました。
    味のある絵は、必見です!!

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘が自分で選んだ絵本

    「わんわん」「にゃーにゃー」の繰り返し。繰り返しながら、犬と猫は大変なことに…。ちょっと不思議なお話ですが、犬も猫も大好きな1歳の娘が絵本専門店で初めて自分で選んだ絵本です。
    ことばが「わんわん」「にゃーにゃー」だけなので、読み聞かせするときは声色をちょっとずつ変えるとか、「まぁ大変!」とか読み手の感想を付け加えながら読むとか、工夫してあげると楽しめます。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • わんわんとにゃあ

    最初から最後まで「わんわん」と「にゃあにゃあ」だけです。

    娘にはわんわん=犬、にゃあにゃあ=猫って言う事は分かってるんですが、口に入ったり鼻からでてきたりは意味が解らなかったようです。

    私にも面白い所がちょっと解らなかったです。

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなり集中

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    1〜2歳児の親子のお話会で読みました
    一番最初に読んだのですが、かなりの集中力で「し〜ん」としていたので、どうしたのかなと思うと、小さな絵本に目が釘付け・・・・
    「わん」「にゃー」での言葉で進む、その場面の予想外の変化に、ママたちも笑い出します
    読み手のほうも反応の良さに、驚きながらも、楽しめる絵本でした

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりにくいのかな?

    猫が犬の口から入って鼻から出てくるという単純だけどびっくりなストーリなのですが、息子の反応は、「わんわん!」「ねこ!」というだけで、あまり理解できていないようです。
    しかし、猫が口の中に入ってしまったときには「いなーい」、鼻から出てきたら「いたー!!」と言って喜んでいます。
    「これ読んで」と持ってくることもたまにはあるので、それなりにおもしろいようです。

    掲載日:2009/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鼻からって・・・

    「わんわん」
    「にゃーにゃー」
    って犬と猫が出会って、ビックリなすれ違い方をする絵本です。

    犬の口の中に猫が入ってしまった為、
    「わんわん」と言いにくくなってしまう姿を、ママが表現すると、子供はさらに大うけでした♪

    挨拶やトイレの仕方、数字やひらがな…と、絵本を通じて 何かしらの勉強をさせる本ではなく、ただただ、子供にとっておもしろい♪という感じがとても気に入ってます。
    普段、ついつい子供に色々求めてしまいがちな私にとっては、とっても良い☆☆☆☆☆な本でした!!

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • わんわ 

    犬のことは、「わんわ わんわ」って言って自慢げな孫です。
    やっぱり「わんわ わんわ」って喜んでいます。「わんわん」「にゃー にゃー」の字も親しみがあっていいです。犬と猫のびっくりする行動に驚きましたが、長新太らしく思いました。色の配色がとてもいいです。2ページにわたる絵にも孫の心をとらえていると思います。

    掲載日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット