おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

菜の子先生はどこへ行く?」 みんなの声

菜の子先生はどこへ行く? 作:富安 陽子
絵:YUJI
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784834023510
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 12人目がわかったとき。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    さてさて、菜の子先生の3学期。シリーズ(たぶん)最終巻です。
    第1巻の1学期が出てから5年がたっています。
    今回も、「雪の女王」、「(節分の)鬼の話」(節分の鬼の話は各地にいろいろな民話があって、たくさんの絵本や児童書になっているので、題名までは書けません)、
    物語ではないけれど、「ひな祭り」、そして、最後はもしかしたら萩望都の名作漫画「11人いる!」がベースになっていませんか?

    どれも3学期らしい、素敵な話でしたが、個人的にはやっぱり最後の「十ニ人目のクラスメイト」がよかったです。
    ふしぎ加減も、菜の子先生にびっくりするカズキも。
    12人目が誰だか、菜の子先生が突き止める前から何となく気がつきましたが、
    それでも、その犯人を突き止めたとき、やな気分ではなくて、
    とてもいい気分になれたのはひとえに菜の子先生の魅力。
    そして富安さんの文章の素晴らしさだと思います。

    中学年くらいから1人読みできますので、興味がある方はぜひ!読んでみてください。
    ちなみに、作者の富安さん花の子先生のイラストを書いてくれた
    YUJIさんを絶賛しています。インパクトがあって、素晴らしい菜の子先生だと、私も思います。

    掲載日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ


『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット