ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

じかきむしのぶん」 みんなの声

じかきむしのぶん 作:松竹いね子
絵:堀川 真
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784834023428
評価スコア 4.19
評価ランキング 16,453
みんなの声 総数 20
「じかきむしのぶん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 二つの角度から

    息子の最近のお気に入りです。「じかきむし」という虫のお母さんが、葉っぱの中に卵を産みつけ、その卵が孵って子供の「ぶん」が成長するお話です。

    ストーリーとしては『はらぺこあおむし』と似ているような気もしますが、この絵本の良かった点は、葉っぱを離れたところから見た絵と、葉っぱの断面の両方が同じページに描かれていて、葉っぱの中で「ぶん」がどのように成長し、進んでいるのかも分かるようになっているところです。

    息子は最初は、断面図の意味がわからず、読む度に何度も「これは何?」と聞いていましたが、何度か読むうちに断面図であることを何となく理解したようでした。「図形理解」というと大袈裟ですが、そういう意味で視野を広げてくれる絵本でもあります。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • さくさく さくさく

    表紙の絵が愛嬌があって可愛いので、図書館から借りてきました。

    「字書き虫」と言う虫は知らなかったのですが、この絵本で物知りにな

    りました。字書き虫のおかあさんが美味しい葉っぱの中に卵を、ぷちん

    と産み、「たくさん食べて大きくなるのよ」と、卵の上を一回りした気

    持ちを考えると人間は我が子を抱けるから幸せだと思いました。

    字書き虫のぶんをみんなで応援して頑張ってねって声かけしてるのが

    嬉しかったです。森の広場でぶんを待っている仲間がいるってやっぱり

    いいなあって思いました。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 字書き虫

    「じかきむし」という不思議な響きにひかれて、手に取りました。
    これは、字書き虫、なんですね。
    葉に産み付けられた卵がかえったあと、そのまま葉っぱの中のやわらかいところを食べ進み、その跡が字に見えるという・・・。

    主人公は、このじかき虫の《ぶん》。
    卵から成長して成虫になるまでの様子が、他の虫たちとの会話もまじえて、描かれています。
    注目したいのは、ページの下の方にある断面図!
    メインの絵は俯瞰図なので、比べてみると《ぶん》が葉っぱを食べていく様子がよくわかります。

    虫たちがたくさん出てくるけど絵がかわいらしいので、虫があまり好きではないお子さんでも大丈夫!楽しめますよ。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 成長していくぶん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    じかきむし…そういう虫がいるの?と知らずに読みました。
    じかきむしのぶんが良く食べて良くうんちしてすくすくと成長していく過程が描かれた絵本です。人間も同じですよね。
    とんぼや蝶々等がみんなやさしくぶんに声をかけてくれるのが良かったです。

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二つの角度から

    はらぺこあおむしを読んだことある人なら

    馴染みがあると思います。

    内容としては同じで、成長していくお話です。

    葉っぱの中で小さく描かれているんですが、

    それだけでは正直わかりにくいです。

    でもページの下のほうにそれを拡大した絵が

    描かれていました。そこを見ながら読むと楽しいです。

    掲載日:2014/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫好きではなくても!

    虫大好きな子供が選んできた一冊。

    なんといっても絵が可愛い。
    虫が大嫌いな私でも、抵抗なく手に取れます。

    構図もおもしろい!
    チビは下の断面図の意味が「!」になるまで
    けっこう時間がかかりましたが、
    「!」になってからは、ますますこの本がお気に入りに。

    もうちょっとドラマチックなほうが4歳にはウケそうですが、
    可愛い絵本です。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫の成長

    4歳2歳の姉妹に読みました。じかきむしという虫を知らなかったのですが、食べた葉っぱの跡が字のように見えることから、「字書き虫」となったんですね。

    初め、葉っぱの上に卵があるのに、なぜ下の部分にもあるの?と思いましたが、これは同じ卵を遠くからみた絵と、断面からみた絵だったんですね。新鮮でした。虫をそんなに好きでない姉妹ですが、じっと聞いて見ていました。

    掲載日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • じかきむしの成長をよろこんで

    お話しを読み始めてとっても詩的で 絵もきれいでいいな〜
    おかあさんが 葉っぱに卵を産んで うまれでてきたのが じかきむしのぶん

    「葉に潜って 葉を食べるじかきむし(ハモグリムシともいって葉を食べ荒らすので 害虫をされていると有りました・・・お話しはきれいですが)」

    ぶんははをたべて どんどん成長します とんぼやちょうちょ こがねむしたちは 誘いに来るのです 虫の仲間ですものね
    ほんと 葉にもようをかいてる
    絵の下には成長していくぶんの姿が

     さなぎになって おつきさまが三回もふとったり やせたり したのです(この 文章がいいな〜 時間の流れを おつきさまの満ち欠けで きれいです)

    ぶんが さなぎから 成虫になって 仲間の虫たちとあそぶというお話しです
    ちょっと・・・ お話しはきれいですが ドラマがあればもっといいのにと思いました!

    掲載日:2012/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎晩読まされています

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子6歳、女の子4歳

    6歳と4歳の子供たちに読んだら、大ヒット!
    毎晩毎晩読んでいます。
    じかきむしは本当は「ヨメナスジハモグリバエ」という名前のようで、
    改めてヨメナスジハモグリバエについて調べたり、勉強にもなりました。
    リズムよい文章が、繰り返し使われていますので、
    子供たちも声を合わせてくれます。
    年中向きと書かれていますが、小学生でも楽しめるかと思います。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶんの成長物語です

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    図書館の季節の絵本のコーナーにあったので手に取ってみました。

    芋虫?のぶんが葉っぱに、字を書くように食い進んでいきます。
    ページをめくるうちに分はどんどん立派な太っちょな芋虫になっていきます。
    きれいな蝶になるのかなーと想定してましたら少し違いました。
    どんな虫になったかは、読んでのお楽しみです!
    (ぶんという名前にヒントがありますが)

    ページの下半分が芋虫が進む様子になっていて
    他の昆虫たちとのやり取りもほのぼのしています。
    春〜夏にかけて、こういう形の葉っぱを見ることも多くなるでしょう。
    自然観察をしたあとに読むのにちょうどいいなあーと思います。

    他の虫たちに混ざっていく最後の終わり方もいいなあと思いました。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット