あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

てまわしオルガン」 みんなの声

てまわしオルガン 作・絵:よこた みのる
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784652040645
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,059
みんなの声 総数 2
「てまわしオルガン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とても楽しいサーカス団

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    どこか遠い異国の人が書いたお話しかと思いきや、
    日本人の方が書いたお話しで、ちょっとびっくりしました。

    最近、オルゴールミュージアムに行ってきたので、
    娘は、「てまわしオルガン」という題名に、惹かれたようです。
    (実際、鳴らしてみてとても楽しかった。)

    お話しは、小さい国のおうさまが、
    サーカス団のてまわしオルガンの音色が気に入って、
    サーカス団に入り、世界中を旅するというもの。

    このおうさまの特技が、とてもめずらしい。
    鼻が伸びるのです。それも、はてしなく・・・?
    ちょっと、びっくりです。

    その特技を生かし、芸をするおうさま。
    たちまち、有名になります。
    私も、こんな人がいたら、見てみたい!

    実は、このおうさま、小さい頃から鼻をいじる悪い癖があったのです。
    思わず、娘に、「いっしょやな〜」と言ったら、
    苦笑いしていました。

    賑やかな音楽にあわせて、
    次から次へと素晴らしい出し物をするサーカス団。
    とっても楽しそうなので、一度、家族で見に行きたいな〜
    と思いました。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • すばらしい鼻芸?だ!

    お馴染み、はなののびるおうさまシリーズ!
    今回のおうさまは、サーカス団のてまわしオルガンの音色が気に入って
    とうとうサーカス団の一員となって、世界中を旅するのです。
    私は実際にてまわしオルガンの音色を聴いたことがありませんので
    おうさまがそんなに気に入った物なら、一度はきいてみたいな〜
    って思いました。

    とてもカラフルな挿絵ででサーカスの楽しさがよく伝わります。
    また、王様の鼻はただ単に伸びるだけではなく、
    すばらしい芸も披露することができるのです!
    せかいサーカル団との共演では、イルージョンも交えて
    息子もビックリしてました。

    さてさて、そんな風にサーカス団でも一躍かったおうさまですが、
    「このごろ昼寝もできなかったから」
    としばらくお休みするところがまた、はなののびるおうさまらしくて
    いいな〜って思いました。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット