もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

てんてんおやすみ」 みんなの声

てんてんおやすみ 作:梅田 俊作 梅田 佳子
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784406050777
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,663
みんなの声 総数 3
「てんてんおやすみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • てんてん

    「てんてん」と指さししながら、楽しめました。
    シリーズで「くるくる」のほうを先に読んでいましたが、こちらのほうが単純な動きで、より小さな子に向いていると思います。
    全ての「てん」を触ろうと思ったら、かなりの数で大変ですよ。

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 指でお話

    表紙の“指でお話”という言葉が気に入ったのでこの絵本を選びました。娘は普段はあまり(絵本を読んでいる時は)絵本を触らないで集中して聴いている方なのですがこの絵本は”てんてんてん”と触って遊ぶ事が出来ました。最初はちょっと訝しげにしていた娘も読み進めるに従ってだんだん抵抗なく触る事が出来るようになっていきました。”てんてんてん”と独特なリズムの音が気に入ったのか笑顔も飛び出しました!指でお話とはこういう意味だったのか!と納得しました。リズムの良い文章と擬音語で楽しい時間を過ごす事が出来ました。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • てん てん てん してあげよ

    あかちゃんは、肌をふれてもらうのがとてもすきです。
    てんてんてんと、指で触れてたのしめれるので、お薦めの本です。 いつまでも、いつまでも てんてんてん と続きますが、ちっとも飽きないから不思議です。いっしょに、てんてんてんと指で赤ちゃんに触れているのであきないのだと思います。わたしも孫の、頭に、てんてんてん。お顔に、てんてんてん。おててに、てんてんてん。お腹に、てんてんてん。腕に、てんてんてん。あんよに、てんてんてん。孫は、うれしくて、うれしくて、笑いっぱなし。もっと、もっと、てんてんてんして。たのしい、たのしい時間です。

    掲載日:2008/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット