だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

さんまいのおふだ」 みんなの声

さんまいのおふだ 作:水沢 謙一
絵:梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1985年02月
ISBN:9784834001211
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,273
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

51件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 子供は夢中

    • しぶゆかさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    昔話って素晴らしいですよね。
    時代が変わっても子供の心を捕らえるのですから。
    「さんまいのおふだ」はちょっと怖くてドキドキハラハラすることで、私も子供の頃お気に入りの本だったのもあり、この福音館からでている書を手に取りました。

    この本は昔読んだ物語と細かい描写が違いましたが、3枚のお札を順に投げながら、逃げる場面は同じですね。

    私は、こぞうさんがトイレに入って「まだピーピのさかり」といったりするところがなんだか可愛いな〜と思いました。
    子供の方は、逃げて逃げてやっと和尚様のところに帰ってくるところが気に入っているようです。

    毎晩のように読んでいます。

    掲載日:2011/01/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • コレが一番おもしろい!?

    昔話はうちは大好きで、特に怖い系。。
    沢山読みましたが、この挿絵が最高に気に入っています。
    『さんまいのおふだ』は沢山ありますが、絵がオモシロ怖いのと、方言満載でテンポ良いのでこれが私の中では一番です。人物ごとに声色変えて読めば子供はそれは喜んで二年前からハマッています。
    言い回しが面白いので、日常でも親子で使っては『こぞうさんとおにばさごっこ』で盛り上がっています

    掲載日:2008/08/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • この絵で読みたい

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    子供の頃好きだった絵本です。
    最近、改めて読みました。
    新潟の昔話だったこと、方言が沢山使われていることに気づいてびっくり。子供の頃も確かに方言が面白いなと思っていたけれど、今よりすんなりと自然に頭に入っていたなと子供の力をいまさら実感しました。

    今はこのお話も色々な絵で絵本になっているようですが、やはりこの絵本の絵は最高だと思います。
    私は昔から小僧が縄に繋がれてトイレに行っている場面が好きでした。
    そして、逃げる場面。山々をどんどんと逃げていく場面がとても素敵な絵で表現されています。
    大人になって気づきましたが、色も淡い色でとても綺麗です。
    物語も勿論とても良いと思います。
    三枚のお札を持ちながら逃げる逃げる。追いつかれそうでドキドキしながらやっと寺に着いたのに、和尚さんは中々出てきてくれなくて。
    スリル満点のお話は、誰もが夢中になると思います。
    最後の締めくくりの言葉も大好きです。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • スリリングです

    新潟の昔話だそうで、絵もいかにも日本昔話です。

    おにばばに食われそうになる小僧が、便所の神様からもらったお札を使って命拾いするというスリリングな話は、子供には怖いのではないかと心配しましたが、子供にはその怖さがおもしろいのですね。3歳の息子も真剣に聞いていました。

    昔話は不気味なものも多いので、私は嫌煙しがちですが、子供の感性はまた少し違うようで、こういったものも読んであげなくてはと思いました。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読みにくいけど惹かれる描写

    よく知られた昔話ですので、本も沢山出版されていると思いますが
    この本を初めて読んだとき、
    「うわぁ、方言や擬音語が音読しづらい・・・」
    と思ったものですが、それがこの絵や雰囲気に合うし、
    この本の擬音語がとても効果的な感じがして
    ちょっと慣れればこの音でないとダメな気がしてきました。

    子供もはじめは「それどういう意味?」とか
    昔語りによくある、最後の締めの言葉が「それ何?」とか
    聞いてましたが、子供も慣れたらしく、
    最後の締めの言葉を一緒に言ったりして楽しんでいるようです。

    日常生活でも、早くして欲しいときにもこの絵本のセリフ、
    子供が早くして欲しそうなときにも
    この絵本のセリフ(むしろのんびりと返事をしたり)
    この絵本を生活の中に持ち出したりして楽しんでいます。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっぴり怖くて・・・

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    さんまいのおふだ、色々絵本はありますが、この絵本が一番昔話っぽくていいのではないかな?と思いました。

    ちょっぴり、方言の読み方が難しいですが、他の昔話よりは読み聞かせがしやすいかも。

    息子は「お母さん、鬼ばばを怖く読まないでね!」と毎回言いますが、優しく読んでもじっと息を殺すようにして聞いてます(笑)

    この絵本の、ゆるやかな曲線タッチな絵が、鬼ババのドロドロした雰囲気をすごぉく醸しだしていて、怖がりなくせに息子はこの絵本が大好きです。

    しかし、こういう昔話って、きっと語りつがれたからか、最後に必ずシメの言葉が一文ありますよね。
    これの意味というか、なんでこの一文がシメなのか、すごぉく知りたい今日この頃です。

    ちなみに、「いちご さかえた なべのした ガリガリ」でした。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵本だけでなく現実でも・・・

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    独特の語り口調に、大胆な絵。4歳と2歳の子供たちはこの絵本の虜になってしまいました。絵本だけでなく、紙を長方形に切ってお札の代わりとし、小僧とやまんばの追いかけっこまでしています。小僧役は「おおやまにな〜れ〜!」と紙を投げて走っています。やめさせるのが大変!

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議な絵の魅力

    この『さんまいのおふだ』はいろいろな絵本があるようです。
    他の絵本を見ていないので、おふだを便所の神様からもらったのですから、トイレの描き方がポイントでしょう。
    それに戸外にトイレがあるって、わからない子どもが大半でしょう。

    このお話は、パターン化されていてわかりやすく、最後のオチもピタリときます。
    絵の方は描かれ方によって印象はかなり異なるはずかと思うのですが、これだけの味わいは他にないかもしれません。
    梶山さんの絵は、離れてみるとはっきりしないので、クラスの読み聞かせには不向き。
    上手なのか下手なのかよくわからない絵です。
    そして、訳もなくほっとする絵。
    繰り返し見ているうちに味わいだけは感じました。
    なんとなく便所の神様やバタ臭いやまんばに絵がマッチしているようです。
    登場人物がくっきりしていないのですが、お話には充分溶け込んでいるように思いました。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最近の絵本は、いまどきの絵(可愛い絵)がおおいですよね。子どももそのほうがなじみやすいかと思いますが、この本のような少し恐怖を感じるような絵本も大切だと思います。テレビやビデオのように動かない絵本は自分で想像を膨らませないといけません。だから絵本は、想像力・表現力をつけるのに大切なのです。いろんな絵とお話の絵本を子どもにたくさん読んであげましょう!

    掲載日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • のんびり和尚さんが最高

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    ちょっと怖いですが、なんとなくのんびりとした雰囲気もただよっている昔話です。
    「ピーピーのさかり」って私は思わず笑ってしまったのですが、4歳の娘にはぴんとこなかったようで、説明が必要でした。
    なんといっても最高なのは、和尚さんと小僧さんの掛け合い。小僧さんが必死で逃げてきているのに、なんだって和尚さんはこんなにのんびりしてるんでしょう。
    でも最後は和尚さんの機転で難を逃れるのですから、さすがと言うべきなんでしょうね。
    絵もおはなしもとても気に入りました。

    掲載日:2010/04/25

    参考になりました
    感謝
    1

51件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット