しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

かえるじかんよ、ペネロペ」 みんなの声

かえるじかんよ、ペネロペ 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\500+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784265073078
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぺネロぺの中で一番のお気に入り

    幼稚園でお城の見学に行くという、なんとも謎な設定の絵本なのですが、1歳7カ月の息子はこちらがお気に入りです。
    保育園に通っていないしお城も行ったことないしでどこまで理解しているのか謎なのですが、1回読んだら5回は繰り返し読まされます。
    小さいぺネロぺは本当にかわいらしくて、読んでいてこちらも楽しいのでいいのですが、どこに惹かれているのか気になる今日この頃です。

    たまに、お城を プレイルーム と読み変えてみるのですが、お城でもプレイルームでも同様の反応です。謎は深まる…。

    掲載日:2015/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえりたくない!

    子供がお城見学って、日本ではあまりないとおもいます。
    でも、新鮮でいいかも。

    ペネロペの可愛い妄想が素敵です。
    大人の言うことを素直に聞くのが「イイコ」かもしれないけど、
    子供はちょっとぐらいいたずらっ子のほうがいい。
    かといってペネロペがいたずらをしてしまったら、
    読んだ子供達も真似してしまいますよね。
    大人と子供のことを考えて、上手い具合に作られた
    絵本だと思いました。

    厚紙絵本なので小さな子でもめくりやすいです。

    掲載日:2009/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • またこようね

    幼稚園でお城の見学に行くなんてさすが海外絵本と思いました。
    「帰る時間よ」と言われると「もう少し遊びたい」と言いたくなるのがこどもなんでしょうね。娘もよく「もう少し遊びたかったのに」といいながらしぶしぶおうちに帰るようになりました。
    ペネロペに「今度またゆっくりこようね」と言ってあげたくなっちゃいました。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット