おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

山に木を植えました」 みんなの声

山に木を植えました 作:スギヤマ カナヨ
監修:畠山 重篤
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784062146654
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,908
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 山に木を植える→海が豊かになる!?

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    このお話は 実際に気仙沼の漁師さんが20年も前からしている
    植樹活動をもとに作られた絵本なんだそうです。

    山に木を植えると海が豊かになるなんて
    突然そんなこと言われても そう簡単には理解出来ませんよね。
    この絵本と出合ったおかげで 私も子ども達も
    この「つながり」をしっかり呑みこむことができました。
    木の葉が土に栄養をもたらし
    雨水が その栄養を含み山にしみこみ湧き出し
    栄養をたっぷり含んだ川をつくる。
    そして川は海へ…

    植えられた木が 海の森(海草など)を育て
    さらに海の森が 海の生物達の命を育んでいく様子が
    丁寧に描かれ 解説されている絵本です。
    自然環境保護を訴えるエコ絵本のようでもあり
    かがく絵本のようでもあります。
    小学校低学年位からが対象のように思われます。

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「フルボ酸鉄」と「水」を案内役に

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    スギヤマカナヨさんの作品は今までも出会っていたのに、
    この作品を読んで初めて「この作者、すごい!どんな人なのかな」と、いろいろ調べちゃいました。
    調べてみたら、結構好きな作品も描いていらっしゃいました。

    監修の畠山さんは植林活動家としては有名な方らしく、いくつかこの本のような作品を出していらっしゃるので、今度読んでみたいと思っています。

    この本に描かれている内容を言葉で説明しようとすると、小難しくなりそうですが、かわいく擬人化されたマスコットのような「フルボ酸」(「フルボ鉄」)という栄養素と水(水滴)を案内役に、
    それぞれの場所で生きている動物・虫、魚などを登場させ、
    山に木を植えたことで、一見人の目には見えないところでこんなことが起きているんだと、わかりやすいプロセスで語ってくれています。

    今の子どもたちは小学校5年生くらいで食物連鎖を習うようです。
    知識として、「食物連鎖」があった方がこの本の内容がよりわかるかな〜と、思うので、
    わたしは個人的に小学校高学年くらいのお子さんたちからお薦めしたいです。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっかり書いてある

    最初はタイトルにひかれて読んでみました。絵もイラスト風だったので、どうかなとおもったけれど、分かりやすいと思います。科学の絵本のように本格派だけど、絵が図鑑みたいで、魚を見てるだけでもこれなんだろう。なんていいながら一緒に見ていました。難しいので理解はできませんが、図鑑みたいに見ても面白いかな。小学校に行ってもう一度読んだらいいかもしれません。

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい環境に関する本

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    この本は漁師さんが木を植えて森を作る活動をしていることから木は山や森だけじゃなくて、海にも大事なものなのだという事を山の自然からはじまり、川、そして海そして水、また山へ・・・と環境の循環サイクルも説明されていてとてもわかりやすい絵本です。

    小学5年生の環境のブックトークのときに読みました。
    なぜ木が必要かが分かり、今どんな状態なのかと考えどうしたらよいのか?この漁師さんたちのような活動を広げたいという気持ちも生まれていたようで、とても参考になりよかったです。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森は海の恋人

    山に木を植える事で、植物が育ち、動物が木の実を食べ、落ち葉や糞が栄養になり、雨が降ると川になる、川から海につながり、私達の食べる魚などに繋がる。

    生き物の繋がり、食物連鎖が解り易く書かれています。

    「森は海の恋人」漁師さん達が始めた植樹祭の合い言葉です。
    大人も子どもも勉強になります。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • つながり

    • オユマーさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子4歳

    食物連鎖、あるいは自然環境を分かりやすく学ぶのになかなかよい絵本です。
    フルボ酸鉄とか汽水域とか私自身にも難しい言葉もあり、この内容を本当に理解できるのは小学生にならないと無理かなとは思いますが、図鑑のように眺めるだけでも楽しいし、ページめくりに工夫もあって、幼稚園児でも楽しめる絵本です。
    また、表紙裏にすごろくもついていて、お得な気分。このすごろくが遊べるように、と娘は何度も内容を理解しようと読んでいました。
    一瞬、外国の方が書いた絵本なのかと思ったりもしたんですが、日本人なんですね。センスが良いです。

    掲載日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 問題意識を喚起できる絵本

     この「森は海の恋人」植樹事業は、室根山のすぐ南にある矢越山を舞台に、現在も継続して行われています。

      植樹と海洋環境ないしは漁業に、どのような関係があるのかが、明確に科学的に説明された解りやすい絵本です。
     中高学年ならば、理解し読み進められると思います。

     漠然と知っているような口調の息子に薦めたところ、具体的なイメージを持ち理解できたようです。
     “フルボ酸鉄”の長い旅とその役割の大きさを私も学びました。
     植樹の前に、山を汚さない心がけからでも始めたいと思いました。

     学術本としてではなく、これからこの地球を渡していくこどもたちへ、身近な大切な問題だという、問題意識を喚起できる絵本だと思います。

    掲載日:2010/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなつながっているよ。

    山に木を植える。
    その木に実がなる。
    実を食べる動物がいる。
    木から落ちた落ち葉は腐葉土となり、土に栄養をあたえる。
    自然は、うまくつながっていて、私たちもその恩恵を受けている。
    自然を大切にしようというのはこういうことなんだね、ってやさしく教えてくれる絵本です。
    7歳の息子にはちょっと難しかったかな。10歳の娘はなるほどなるほど、という感じでした。
    でも、誇張するところもなく、繊細な絵もお話とよくあっていて、とてもすっと話が入ってくる感じです。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • スギヤマカナヨさん

    スギヤマカナヨさんの作品だったのでこの絵本を選びました。仕掛けが沢山あるのが良かったです。わくわくしながらページをめくる事が出来ました。文章は短く要旨を端的に言い表している所が素晴らしいと思いました。特に気に入ったのは土の中の表現です。普段は見る事がない土の中の世界を分かり易く可愛らしい絵で描いているのが気に入りました。実際に自然の中に出たくなる絵本です。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然への興味入門にお薦め♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    あっ!畠山さんだ!!

    監修している方は、私の出生地の隣町の方です。今は市町村合併で一緒になりましたが。畠山さんたちの活動拠点の室根山も小さい頃登っている身近な山です。カキの養殖から、植林という発想、活動を本や絵本で次世代に伝えていることがすごいと思いました。

    知識を得るというより、自然・生物・環境のことに、無理なく興味を持つのにちょうどいい絵本のように思います。

    同時に、自然の恵みに感謝することも忘れてほしくないです。

    親子で小さい頃からいっしょに楽しめると思いますよ。

    掲載日:2009/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット