サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!

「はさみでじょきじょき」 みんなの声

はさみでじょきじょき 作:久地良
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「はさみでじょきじょき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 飛び出してびっくり

    表紙の、主人公“みほちゃん”のいたずらな顔から、
    何かやらかしてくれそうな期待感がいっぱいで、図書館で
    見つけて思わず手にしてしまいました。

    昭和51年発行と非常に古く(紙芝居ならもっと古いものも
    ありそうですが)、まず変わっているのは、読み手側にある
    今読んでいる場面の小さな絵が、手書きの簡単なイラストで、
    一瞬手抜きかとも思ったのですが、この頃の作品はこういうもの
    なのでしょうか。最近カラーに慣れているためか違和感を
    感じました。

    ストーリーは、はさみが大好きな“みほちゃん”が、
    折り紙のいろんな色を丸く切り抜いて遊んでいると、
    青色の折り紙がないことに気付きました。
    「そうだ!えほんの中からきりぬこう!」と、
    絵本の海のページの魚のいないところを切り抜くことにしました。

    「えいっ!」

    すると海のまん中から“ぞうさん”がのっそり出てきました。
    びっくりした“さかなたち”も“ぞうさん”からも文句を言われた
    “みほちゃん”。それならと、次のページのジャングルにいる
    “ぞうさん”をジョキジョキ切ってしまいました。

    すると今度はジャングルの中に突然“電車”が現れて、
    運転手も乗客も“みほちゃん”に大ブーイングです。

    という具合に絵本の中の世界はてんやわんやになってしまいます。
    はたして“みほちゃん”は元通りにできるのでしょうか?

    この紙芝居は勿論古いからでもありますが、大勢の人の手垢に
    まみれとても汚れていました。(異臭さえ感じるほど‥苦笑)
    でも、“裏を返せば”それだけ愛されてきた作品ということ
    なんですよね。

    ちょうど絵本もはさみや折り紙も大好きな息子にピッタリの
    題材で、図書館に行くと何度も持ってくるお気に入りの紙芝居です。

    掲載日:2008/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!
  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!


オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット