ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる?の試し読みができます!
作: すとう あさえ 絵: さとう めぐみ  出版社: くもん出版
森でごちそうが消える事件が発生。さあ、絵本をめくって犯人を探そう! 探しながら楽しむ、春夏秋冬の定点観測さがしえ絵本。

きが き じゃない」 みんなの声

きが き じゃない 作・絵:アントワネット・ポーティス
訳:中川 ひろたか
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784895726757
評価スコア 4.18
評価ランキング 17,145
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 想像力が広がります

    一本の枝が想像力を膨らませると
    いろんな物に見えてくるから不思議!
    最初のページと2ぺージ目を見ると
    もう要領が分かって次からは
    ママと子どもとで答えの当てっこゴッコを
    楽しみました☆
    この絵本が気に入ったようで
    同じシリーズの『はこははこ』を見せると
    こっちもすぐ読みたかったの、と喜んでいたし、
    「ママ読んであげるね」と言って読んでくれたりしました。

    掲載日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 空想ゲームで言葉遊び的フレーズですが、

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    もともとの原作の作りが、言葉遊び的な感じなのでしょうか?
    でも、日本人にもわかりやすい言葉の響きに遊び心を加えた役になっているのは、中川ひろたかさんの訳だからかな?と、思いました。

    見開きの左側に簡単な一言。右側に太い線で描かれただけの主人公の豚の絵。
    はっきりしていてとても見やすいです。
    遠目が効くので読み聞かせにも向いていると思います。
    ただ、この絵本、出版社からのおすすめの年齢が「小学校低学年」からとなっていますが、
    簡単な空想ゲームであり、言葉遊び的フレーズでありながら、とても哲学的なことが描かれているので、描かれている表現の裏側まで楽しんでほしいです。できたら中学年以上のお子さんたちに紹介したいです。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像は無限大

    お話自体はシンプルです。

    ブタくんが、1本の枝を持っていて、
    「その木 どうしたの?」という問いかけに対し、
    「木?」と訊きかえすとともに、
    ブタくんの頭の中に広がる場面が描かれています。

    それは、釣りであったり、絵筆であったり…。
    まさに、枝ひとつでの七変化。
    想像って無限大だなって思いました。

    こどもの頭はとっても柔軟です。
    大人よりも、もっと楽しめる世界だと思います!

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「き」

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    『はこ は はこ?』の姉妹本。
    『NOT A STICK』が原題。
    この妙訳に拍手!ですね。
    表紙の通り、木の棒を持っているぶたくんに「木?」と尋ねるのですが、
    いえいえ、ぶたくんはその木の棒をいろいろ見立て想像しているのです。
    釣竿、絵筆、剣・・・。
    なかなか壮大な想像ですよ。
    でも、その発想が素晴らしいです。
    訳がとても軽快です。
    ぼくの おきにいり、ってわけさ。
    原文を読んでみたいです。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一本の木

    たった一本の木の棒なのですが、そこから広がる遊びは、なんて無限なんでしょう。
    こんなにも想像力豊かになれたならば、おもちゃは必要でないでしょうね。
    文章でも「き」を意識しているので、面白かったです。
    シンプルな絵なので、どこに「き」があるのか、すぐに探せましたよ。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子にそっくり〜

    小さなころからとにかく木の棒が大好きな息子。
    公園やら川やら、行くたびに木を見つけ遊んでいました。
    そんな息子にそっくり〜と思い借りてきました。

    が、同じシリーズの『はこははこ』の方が、なぜか
    息子受けが良かったです。
    今、箱で工作をするのがブームだからでしょうか?
    絵が重なってるのが、「き」1本の線でわかりずらいからか?
    とにかく絵も『はこははこ』の方が見やすかったです。

    ひらがなが読めるようになると
    自分で読ませるのにいいと思います。
    「き」の言葉遊びも面白いです。
    個人的には、「きのせいでしょ」がおきにいりです。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    なんに見える?

    いろんなことをして遊べるんだと感心しました。

    子供ってなんでも大人が想像もつかなかったことに気がついて遊べるの

    だと思いました。

    一本の棒きれがあれば、釣竿に変身したり、指揮棒、絵筆、剣になった

    りと想像力豊でなんにでも見立てて遊んでしまう逞しさに感心しました

    私は杖にしそうです・・・・

    ページを捲る毎に、なんに見立てるのか楽しみな絵本でした。シンプル

    な色で統一されているのもよかったです。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お・き・にいり。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    シンプルな絵と文章に、お話しがわかるかな?
    と、ちょっと心配だったけど、全然、問題ありませんでした。

      (一本の折れた枝をみつけたぶたさんに、聞いてみました。)

      「そのき どうしたの?」

      「き?」

    ぶたさんが、サメを釣っているシーンが出てきます。
    文章はありませんが、絵が、「釣りをしているよ。」と、
    訴えています。

    ぶたさんは、木の枝をもって、いろんな遊びをします。
    そう、見立て遊びのようです。
    他人からみたら、ただの「木」ですが、
    ぶたさんにとっては、まったく違うものなんですね。
    最後は、なかなか勇敢な姿を見せてくれたぶたさん。
    とっても、楽しそうでした。

    娘も、よく1人で遊びます。
    今も、見立て遊びに夢中ですよ。(^^)

    『はこ は はこ?』も、気になるようなので、
    また、今度借りてこようと思っています。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木製ではありません・笑

    『はこは はこ?』を読んで
    ダンボールっぽい装丁がステキだなと思っていたら
    この絵本も偶然発見!そうか〜今度は“木”をモチーフに木製風に装丁をされているのですね。なかなかこちらのオシャレ。
    相変わらずの“き”の言葉遊びも楽しくて
    色々とぶたさんが見立てる様子も楽しいですね。
    次はどんなものになるかな〜〜?って楽しみながらページをめくることが出来ますね。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見立て遊びをするのが楽しみに

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子1歳

    1本の折れた枝が、あら?釣竿に??
    あら?絵筆に??
    最後にはあらら!!ビックリするくらいの大仕事を。
    木をいろいろなものに見立てて、ぶたくんが活躍します。

    子供は見立て遊びが得意ですよね。
    大人では想像のつかないような使い方をするので、見ていて感心するくらいです。
    1歳の娘はまだ、「ブーブー」と鼻を押しつぶしてぶたの真似をし、見ているだけでしたが、もう少し大きくなったら、もっといろいろな見立て遊びをしそうで楽しみになりました。

    掲載日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット