あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

しおふきうす」 みんなの声

しおふきうす 作:香山 美子
絵:太田 大八
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年03月
ISBN:9784774604107
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お気に入りの民話

    時々、読みたがるお話です。初めてこのお話を聞いたのがイベントのペープサートでした。以来、絵本で度々読んでいます。
    わかりやすいお話で子供はとても楽しいようです。うすというものは馴染みがないのですが、どんなものか説明もしてあげると興味深く聞いていました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • へ〜ぇ、そうなんだ

    海の水はなぜしょっぱいか?
    いろんな説話がありそうですが、この『しおふきうす』は、簡潔で楽しいお話です。
    弟も素晴らしい正月が迎えられて良かった、良かった♪♪
    でも、息子の一言に私は固まってしまいました。
    「こびとたち、そのむぎまんじゅうをうすで出せばいいのに…」。
    こんなリアクションが出るのも、昔話の読み聞かせの楽しさかも(((^_^;)

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海の水が塩辛いわけ

    最近、娘と昔話を楽しんでいます。
    このお話は、娘絶賛のお話のひとつです。

    よくある「よい人(弟)」「悪い人(兄)」がステレオタイプで描かれ
    弟の幸せを兄がねたみ
    幸せをもたらした秘密の道具(今回は石臼)を奪っていくが・・・という展開です。
    話の構成が小気味よく流れますので
    読み飽きることなくラストまで読み進められます。
    最後に兄がやっつけられる場面から
    どうして海の水が塩辛いかという話まで行き着くと
    娘は「ほほぉぉ」と声を上げました。

    とてもよくまとまったお話です。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何でも出てくる うす

    お金持ちでケチな兄と、貧乏な弟
    対照的な兄弟なのですが、不思議なうすを手に入れて状況が変わります。
    弟は、うすで手に入れたものを独り占めせずに、みんなに振舞っていることがいいですね。
    「海の水が塩辛いわけ」ということで、不思議な気持ちになりました。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みながら思い出しました

    今、私の中では 教育画劇さんのこの昔話のシリーズがブームです。
    面白可笑しい話が多いのとあまり聞いたことのないお話が取り上げられている点が好きなんです。

    『しおふきうす』どんなお話だっけ?
    読み始めて ・・・そうだったそうだった!
    はるか昔に読んだお話を思い出しました。
    突然現れた男にまんじゅうをもらい、それをもって小人に会いにいき
    まんじゅうを臼と替えてもらう。
    そして臼からは望みの品がどんどん出てきて一日にして大金持ちに。
    終始不思議なお話。
    欲張りな人に臼を奪われて・・・・というお約束のエピソードもあり。
    そして最後には海の水はどうして塩辛いのかというルーツのお話に繋がっていって
    聞いている子どもに飽きさせない展開がすごいですね。
    「そっかそっか、今でも海の底で臼は回ってるんだ」と妙なコメント発してましたよ(笑)

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法の小道具

    塩を出してくれる臼なんて、実際にあったら結構すごいと思うんだけど、、、欲深いばかりに無駄になくしてしまうなんて、、、、。欲が深いのは良くないということで子供の教育におすすめ。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話の中でも らくにくらしている 兄さんと、貧しい暮らしの弟の設定のお話はあまり知りません
    なぜ兄さんは 兄弟なのに弟を助けてあげないのかな?
    ちょっと 淋しい気がする昔話です・・・・・

    貧乏で まじめな弟は、おじいさんから むぎまんじゅうもらって 
    こびとから 石臼をもらうのですが
    この石臼は 欲しいものが 右に回せばでて 左に回せば止まる

    弟は みるみる金持ちになり 意地の悪い兄さんは うみにに沈んでしまうのですが 
    昔話も 残酷ですね!

    もう少し 兄弟が協力する方が 気持ちが良いのに・・・・

    でも、人間の弱さへの戒めなんでしょうね

    海の水が 塩辛いわけはわかりました。
    石臼も 海に沈んで よかったと思いました。
    ちょっと 元気のもらえない昔話でした・・・・・

    掲載日:2010/07/13

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット