庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

くろいライオン」 みんなの声

くろいライオン 作・絵:ジスン・リ−
出版社:スカイフィッシュ・グラフィックス
本体価格:\1,750+税
発行日:2008年7月1日
ISBN:9784901378277
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,805
みんなの声 総数 4
「くろいライオン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美術館みたい

    あるカフェで見つけて、一読惚れして購入してしまいました。
    装丁、美しい絵、不思議なストーリー…どれも惹きつけられました。
    さっそく娘に読んでやると、まず、表紙をみて、「わぁ〜美術館みたい」。ページを開くと、やはり美術館の中。お父さんとお母さんと一緒に訪れている、小さな女の子に自分を投影させながら、物語の中へ入って行きました。
    女の子がひとりで、小さな扉の中へ進んでいきはじめると、「おとうさんとおかあさんがしんぱいするんじゃないの?ちゃんと帰れるの?」と心配し始め、けれど、ライオンといっしょに不思議な街への小トリップを主人公の女の子と一緒に楽しんだ様子。
    読後は「ふしぎなおはなしだね〜」。
    こういう、感性に訴えてくる絵本に沢山出逢っていって欲しいと思いました。
    漢字にはルビがついているので、じきに、一人読みで何度も楽しめるようになると思います。

    掲載日:2012/04/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議の入り口

    絵の額のように型抜きされている表紙に一目惚れ。
    ストーリーも絵も夢があって不思議で、とても引き込まれます。

    女の子は気づきました。
    絵画にある小さなドア。中に続く長いハシゴ。
    そこにいたのがくろいライオン。
    ライオンは大きくて黒くてとても迫力がありますが、目は優しいんです。
    それにとても寂しそうな表情。

    女の子とライオンは仲良くなって不思議の世界でたくさん遊びます。
    そして最後にライオンのお気に入りの場所に行って「また来るね」と約束してお別れします。

    絵の中から女の子を見送るライオンの寂しそうな姿は、とても切なくなりました。
    自分は絵の外には出られないから。
    ハシゴのところで女の子が来るのをずっと待ってたんでしょうね。

    ライオンの毛並がサラサラしているところや動作がふわっとしているところが好きです。
    寂しがりやで優しいライオンの性格がよく出ています。

    読んだあとはなんだか夢から覚めたような寂しい気持ちになりましたが、心はすごく温かい。
    満たされたという感じです。

    掲載日:2013/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤い線が印象的な絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    イラストもストーリーもすごく好みの作品でした。
    多くを語りすぎない文章もグー!

    女の子のマフラー、くろいライオンへと続くはしご、物語の要所要所に出てくる赤い線が印象的でした。
    繊細な色使いや物語の内容を考えると、女の子の方が好きな絵本かもしれません。
    先にも書きましたが、文字が少ない分、イラストからストーリーを読み取らなければならないので、小学校中学年以上にお薦めします。

    掲載日:2008/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の中へ

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子9歳

    装丁からとても変わっています。
    読んだ後に気が付いたのですが、表紙から絵(額縁)になっていたんですね。
    (もう表紙からストーリーははじまっていたんです。心憎い演出です。)
    繊細な絵ですが、なんだか怪しく、これからはじまる何かを予感させます。
    その何かが、くろいライオンの登場によりさらに強くなり、
    女の子はどうなってしまうのだろう?
    現実の世界へもどれるのだろうか?とナゾが深まります。
    実際には、思わぬ展開になっているのですが・・・。
    不思議なストーリー&驚きの構図を存分に楽しめます。

    掲載日:2008/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット