雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

「うらしまたろう」 みんなの声

うらしまたろう 作:山下 明生
絵:石倉 欣二
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\757+税
発行日:1990年06月
ISBN:9784034490303
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「うらしまたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 定番物を読んでから

    息子が園で「うらしまたろう」の劇をするので、読み比べ中です。検索したら、山下明生の本が見つかり読んでみることにしました。この本は挿絵がありますが、児童書で「あまのはごろも」も収録されています。

    うらしまたろうが、海で三度同じかめを釣り上げてしまうところから始まります。いじわるな子どもは出てきません。そして、かめに乗せられて竜宮城に行くのではなくて、乙姫様自らが船に乗ってお出迎えです。

    うらしまたろうは、歌がありますから、いじわるな子どもにいじめられたかめを助けて、かめに乗って竜宮城に行くというものが定番として普及していますね。
    読みながら私は違和感がありました。

    違和感はありますが、文章は流れるような文章で読みやすかったです。最後もあっと驚くような終わり方でした。個人的に最初に読むのは、これでない方がいいと思いました。定番物を読んで読み比べるには面白いと思います。

    掲載日:2008/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『くろくんとちいさいしろくん』発売記念  イベントレポート&インタビュー!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット