クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

新・魔女図鑑」 みんなの声

新・魔女図鑑 作:角野 栄子
絵:下田 智美
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年12月
ISBN:9784893092106
評価スコア 4
評価ランキング 21,148
みんなの声 総数 2
「新・魔女図鑑」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ツヤちゃんと一緒に魔女のこと聞いてみよう

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    「魔女の宅急便」でおなじみの原作者、角野栄子さんの魔女図鑑です。
    ナビゲーターのエイコさん(作者の分身かな?)。
    推定10歳くらいの姪っ子ツヤちゃんに魔女のことをいろいろ教えてくれます。
    ストーリー形式ですが、エイコさんが教えてくれる魔女の歴史、魔女の力とされていた薬学の知識、魔女裁判のことや、ヨーロッパ各地に残っている魔女にかかわりのあるお祭りなど、魔女に関する情報満載です。

    別の出版社の作品で、実際に角野さんがそれらのお祭りをリポートしてきた作品を読んだことがありますが、実体験した出来事をそのまま形にしてたものよりも、本書ほうがそれぞれの出来事やお祭りが自分の中にすっと入ってきました。

    この本を読んだ子どもたちも、「ツヤちゃん」と一緒に、たくさんのことを吸収できるのではないでしょうか。
    中には「魔女のほうきの作り方」やハーブを使ったお菓子やお料理の作り方、「魔女になるためのレッスン」など、実際に読んだ後試してみたくなるものもたくさん載っていました。
    魔女のことをたくさん知りたい人、植物やお菓子作り、工作が得意な人、ヨーロッパの歴史に興味のある人など、たくさんの子どもたちに読んでもらいたい1冊です。

    掲載日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女のABC

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     はて、魔女になる訓練を始めるつもりだったのだろうか? 妻が買い求めて娘共々読みふけっていた。おお、箒のつくりかたが載っている。そうか、柳柳って言ってたのは、このことか。家にポプリほうきがいっぱいぶら下がっているのもこれか。
     魔女って字が不気味だが、お茶やら薬草やら仲間やら、くらしのこと中心に描かれていて、本当は時代に翻弄されただけで、生きることを必死に守った女性のことだったのかなあ。カビの匂いがするイメージとは正反対だ。
     さあ、わが家から箒にまたがった黒ずきんが飛び立つのは、いつだろう。この図鑑ペーパードライバーじゃ、無理かもしれないけれど。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット